藤原紀香は47歳です。
愛之助と結婚してから、ますます幸せそうで輝いている藤原紀香。
40代になっても、美貌が全然衰えません。

自慢のスタイルもそうですが、ツヤツヤで血色のいいお肌も変わりません。
並はずれた美しさを保っていられるのは、どのような習慣があるからでしょうか。

藤原紀香は、美意識がとても高いことでも有名です。
どのような美の習慣があるのか、リサーチしてみました。

○毎朝レモン水

朝、起きた時に白湯を飲むというモデルや女優さんは多いですが、藤原紀香の場合、レモン水を飲んでいます。

生搾りした新鮮なレモンに、お気に入りのメーカーの水を入れ、マヌカハニーという蜂蜜を溶かして飲むと、おいしいです。

確かに、レモン水だけだとすっぱくて起きがけの体に刺激が強いですが、蜂蜜を加えることで甘みがプラスされ、口当たりもまろやかになりますよね。

ちなみに愛用しているマヌカハニーは、ニュージーランドでは薬局におかれるという驚異の蜂蜜です。

舞台女優の大地真央さんも活用しているとのことです。
蜂蜜は保湿効果が高く、肌をしっとりしてくれます。

レモンはビタミンCが豊富なので、美肌対策になります。

免疫力もアップして、毎日飲んでいれば風邪予防にもなります。
藤原紀香の健康・美容効果は、毎朝飲むレモン水から来ているのかもしれませんね!

ちなみに、美意識の高い藤原紀香が、もっと前から気づいてとっておけば良かったと言っているのが、ミネラルです。
体を構成している要素のうち、約60%は水分です。

その水分を奇麗に保つことは大切なことなので、最近は、沖縄の海塩である「ぬちまーす」を、お気に入りのミネラルウォーターに入れて飲んでいるようです。

これによって、12種類ものマグネシウムやカリウム、ミネラルが補給できます。

健康効果、美肌効果が期待できるだけでなく、生理痛の緩和にもなります。
体の水分を奇麗にするためにも、たくさん飲んで、たくさん排出することが大事なようです。
皆さんも、ぜひ実践してみてくださいね!


○脇の下を揉むとスッキリする?

藤原紀香は、疲れを感じたら「脇の下」をよくマッサージするようです。

疲れを放置していると、老廃物がたまってむくみやすくなってしまいます。
そのため、藤原紀香は疲れたら脇の下をマッサージして、むくみ対策をしています。

頭皮も老廃物がたまると髪のコンディションが悪くなるため、定期的にヘッドスパを受けて、頭皮の疲れを揉みほぐしています。


○藤原紀香が愛用しているコスメ

藤原紀香は、美肌・小顔維持のために、光の美顔器Exidealエクスイディアルを使っています。
また、肌に付ける美容クリームとして、「白雪スクワラン」を使っています。

白雪スクワランは、深海鮫からとれる天然のスクワランオイルがたっぷり入っています。
お肌をふっくらと柔らかく、なめらかなテクスチャーにしてくれます。


48歳なのに、20代のように見えるといっても過言ではない永作博美。
結婚して出産し、お母さんの表情になってきましたが、それでも相変わらず可愛くて若々しいです。

○毎日白湯を飲む。体を温める。

永作博美が健康、美容のために意識していることと言えば、体を冷やさないこと。
そのためにも、内側から温かくなるように、日々の生活で工夫しています。

例えば、冷えを感じたら、仰向けになって、湯たんぽをお腹の上に乗せます。
そうするとじわじわとお腹が温まってきて、全身がポカポカしてくるそうです。
また、毎日白湯を飲んで、体を中から温めるようにしています。

体が冷えていると内臓の働きが悪くなるだけでなく、肌の代謝も悪くなってしまいます。
血行不良で、肌に血が通わなくなり、血色の悪い顔に見えてしまいます。

また、血行不良はクマやくすみを目立たせてしまうため、美容の大敵です。
永作博美の肌がいつでも綺麗なのは、徹底的に冷え対策をして血行を良くしているからかもしれませんね!

○ストレッチボールやピラティスで運動

永作博美はデビュー当時も今も、とにかく小柄で細いですよね。
太った永作博美は想像できません。
それくらいスタイルのいい永作博美ですが、普段、ダイエットや運動などもしているのでしょうか。

どうやら、永作博美はピラティスをしているようです。
毎週1回通っていますが、行けない時はストレッチボールをおうちで使って、体のバランスや柔軟性を鍛えているようです。

ストレッチボールはエクササイズの目的として使われるだけでなく、病院でもリハビリとして使われることがあります。

体の筋肉をほぐして体幹を鍛えることができ、インナーマッスルが養えます。
姿勢や立ち方、歩き方も綺麗になるため、女優さんで体幹を鍛えている人は多いです。

一見簡単そうに見えますが、毎日継続するのは案外難しいことです。

永作博美は忙しい時でも、ピラティス、あるいはストレッチボールを使ってケアしているため、あのような細い体が維持できるのでしょう。


○甘酒を飲んでいるから美人?

永作博美は、甘酒が大好きなようです。

お気に入りの飲み方は、甘酒に同じ量の豆乳を入れて、冷たくして飲むことです。

特に、夏バテした時に飲むと元気が出ると言います。
甘酒も豆乳も、言ってみれば健康食品ですよね。
体力や食欲が落ちた時にもスルっと入っていき、お腹にも優しいです。

永作博美は自分の好きな甘酒をアレンジして、美を磨いているのでしょう。


○食べるのが好き。お米が好き。

永作博美は、食べるのが好きなので、基本的に食事制限はあまりしていないとのことです。
特にお米が大好きなので、炭水化物ダイエットもしていません。

食生活を送る上で、昔からある伝統的な料理や、ヘルシーな食材をたくさん取り入れるようにしています。

例えば塩麹もよく使っているとのことです。
お味噌汁を作る時も、ダシを自分でとります。

結婚して、ますます幸せそうに見える森泉。

目が大きくて脚が長く、肌は健康的ですよね。

森泉は超がつくお嬢様ですが、超がつく程美人さんでもあります。
典型的なモデル体型で、お化粧がいらないくらい顔立ちがハッキリしていて整っています。
セレブらしい華やかな雰囲気があるので、いるだけで周りがパっと明るくなります。

そんな森泉は、現在36歳です。
その完璧な肌やスタイルを維持するために、どのような習慣を実践しているのでしょうか。

○インナーマッスルを鍛えている

森泉の生活習慣の中には、必ず「運動」があります。

ただ外側の筋肉だけを鍛えるのではなく、森泉はインナーマッスルにも注目しています。

森泉が理想としているのは、適度に筋肉がありながら、しなやかなボディラインのバレリーナのような体型です。

インナーマッスルを鍛えるために、日々ヨガやピラティスをしています。
ピラティスを取り入れているモデルさんや女優さんは、多いです。

ヨガはヒップアップにも効果的なようです。
また、ヒップホップダンスをして、様々な動きをしています。


○美肌のためにローズヒップティー

森泉はシミやニキビのない健康的な肌をしていますよね。

美肌のためにも、ビタミンCが豊富なローズヒップティーを飲んでいます。
ローズヒップティーを美肌維持のために飲んでいる芸能人は多く、他にも石原さとみや中谷美紀などが挙げられます。

また、脂肪を抑制してくれるプーアール茶も良く飲むそうです。

食事からとった脂肪を、プーアールが流してくれます。

年齢が気になってきた人や、体重が増えた時、お肉をいっぱい食べた時などに飲むといいようです。


○理想のボディを保つためにトレーニング

森泉は元々細くて引き締まった美ボディですが、それは、日々トレーニングをしていることも影響しているようです。

スクワットやトランポリンをしています。
どうしてトランポリンなのかというと、体のバネを使って縦の方向に動くトレーニングが、姿勢や美脚対策にもいいからです。

代謝も上がって、体脂肪も減ったようです。

また、パーソナルトレーニングで90分以上のメニューをこなしていると言います。

運動前には、ローラーを使ってしっかり体の筋肉をほぐしていきます。
その時の目標に合わせて、多様なトレーニングをします。

その代わり、おうちに帰ったらのんびり過ごすそうです。
こうして日々の生活にメリハリをつけることで、飽きずに続けられるのでしょう。

20代の頃から、美人でスタイルが良くて、おしゃれなモデルとして人気があった平子理沙。
40代に入っても20代に見えるくらい若々しく、現在は47歳ですが、未だに可愛い雰囲気があります。

美意識の高そうな平子理沙ですが、普段どのような美容法を実践しているのでしょうか。

○毎日お肉を食べる

平子理沙はとにかくお肉が大好きなようです。
そのため、毎食お肉を取り入れているということです。

お肉は食べ過ぎるとニキビができやすくなって良くないですが、適度であれば、タンパク質を補う事ができて、健康にも美容にもいいです。

鶏肉や豚はコラーゲンも豊富なので、お肌の潤いもアップします。
平子理沙の化粧乗りがいいのは、毎日食べているお肉のおかげもあるかもしれませんね。

お肉を食べたら太るのでは?と心配してしまいますが、平子理沙は、お肉の倍以上の野菜をとるようにしています。

また、お肉を食べる時は、酵素たっぷりで代謝を促してくれる、パイナップルジュースを飲むようです。

これならバランスがいいですよね。

○保湿重視のスキンケア!平子理沙流の方法は?

平子理沙は、肌にハリがあってツヤツヤしていますよね。
スキンケアでも、特に「保湿」を重視しています。

朝は普通洗顔をするのですが、平子理沙は乾燥防止のため、洗顔料を使いません。
その代わり、温めた蒸しタオルを顔に3~4回あてるだけです。

本来、お肌に付着した汚れは、必ずしも洗顔料を使わなくても、お湯で洗うだけでも落ちます。

蒸しタオルもお湯で顔を洗うのと同様に、顔に付着した雑菌を取り除いてくれます。
そのため、洗顔料を使っていなくても、十分清潔になるのです。

夜はお肌に潤いを与えるためにも、シートパックをして、その上からさらにラップをします。

どんなに面倒でも、パックを20分ほどかけて貼っておき、化粧水や美容液をしっかりしみ込ませています。

だからいつ見てもプルプルにお肌が潤っているのですね。


○疲れはその日のうちに解消する

一日ハードなスケジュールをこなしていると、どうしても顔や体の筋肉がこってきます。
そのコリをそのまま放置して寝てしまうと、次の日にむくんでしまうことがあります。

そこで、平子理沙は、疲れたなぁと感じたら、その疲れをその日のうちに解消します。

顔や体は、朝起きた時にはスッキリしていても、夕方になると疲れやコリがたまってきて、いつもより大きく、太く見えてしまうことがあります。

これは、血流が悪くなって老廃物が溜まり、むくんでしまうからです。

平子理沙は、一日の疲れを癒すためにも、美容クリームをたっぷり使って、顔の関節をマッサージします。

頬骨の下や顎の両側などを、自分の指を使ってゴリゴリと刺激していきます。
こうすると、顔にたまったコリがほぐれて、小顔対策になります。
翌朝、顔がむくんでいるということもないようです。

体のためには、肩を回す運動を、就寝10分前に行っているようです。
こうすると全身の筋肉をほぐすことができ、翌日に疲れを持ちこさないで済みます。

年齢と比べて見た目年齢がはるかに若い芸能人と言えば、安達祐実がそうでしょう。
まだ20代でも通るような容姿です。

元々ベビーフェイスで可愛い印象が強いですが、今もそれは変わりません。
目鼻立ちがハッキリしていて、肌もスッピンがとても綺麗です。

結婚に出産を経験し、今は奥さまでもありママでもあります。
しかし全然老けません。
アラフォーになってもそのキュートな見た目を保っていられるのは、どうしてなのでしょうか。

○入浴後はストレッチと腹筋をする

安達祐実は、今流行りの筋肉トレーニングなどはしていません。
確かに安達祐実は、筋肉ムキムキだとイメージにあいませんよね...。
元々小柄で細いので、特に筋肉を鍛えなくても太らなそうです。

しかし、筋トレをしない代わりに、入浴後はストレッチと腹筋をしています。

開脚などの簡単なストレッチと、腹筋60回を、毎日2セットしているようです。
腹筋が筋トレのようなものなので、これだけでも体が引き締まりますよね。

○透明感のある肌の秘訣は?

安達祐実はスッピンもネット上で公開していますが、とても綺麗です。

透明感があって白い肌で美しいですよね!
よっぽどスキンケアに気を付けているのでしょう。
普段、どのようなことを意識してスキンケアしているのでしょうか。

・コスメのブランドにはあまりこだわりがない?

安達祐実は、あまりメイク用品にこだわりはないようで、コンビニで手軽に買えるものを選ぶこともあるようです。
ただし、化粧水やスクラブ剤、ファンデーションはブランドにこだわっているようです。

美容クリーム→ドゥラメール
化粧水や美容液→無印のエイジングケアのコスメをライン使い
ファンデーション...RMK
フェイスパウダー→ローラメルシエ

安達祐実のメイクはとてもナチュラルです。

ドラマやバラエティの時は濃い目にすることがありますが、普段はナチュラルに仕上げるのが好きだそうです。

というのも、化粧を濃くするほどシワが目立ってしまうからだそうです。
最近はビューラーだけで、マスカラもしないことが多いようです。

元が美しいので、ナチュラルメイクでも十分可愛いですよね。

・日焼け対策

元々色の白い安達祐実ですが、その白さを維持するためにも、日焼け止めをこまめに塗っています。

屋外で撮影する時も、できる限り日傘をさして紫外線をカットしています。
おうちにかえってきたら、とにかく美肌パックをします。高級品にこだわっているわけではなく、韓国製の200円のパックを使う事もあるようです。

化粧水も何度もパシャパシャしてたっぷり顔に浸透させます。

日焼け対策はもちろんですが、外から帰ったきた時のアフターケアもかなり徹底していますよね。
この日頃の習慣が、あの透明感ある肌はを引き出しているのでしょう。


○肩甲骨をかなり意識している

安達祐実は、体型を維持するために、特段ジムに通ってはいないようです。
多くの女性芸能人がジムに通っていますが、安達祐実がこだわっているのは「肩甲骨」を動かすことです。

どうして肩甲骨なの?というと、肩甲骨を動かしておくことで、次のような効果が期待できるからです。

・デコルテラインを奇麗にできる
・顔のたるみを防止できる
・二の腕をスッキリできる
・肩こりを解消できる
・ヒップアップしてお尻をキュッと引き締められる
・バストアップ
・お腹の脂肪を燃焼できる

現在56歳の松田聖子ですが、いまだにアイドルのような可愛らしい雰囲気がありますよね。
50代にもなると女性らしさが減退していき、しわやたるみも増えてくるのが当たり前ですが、松田聖子は、あまり老けません。

50代でも愛らしくいられるわけ、色白で美肌の秘密、細い体型はどこから来ているのか、探ってみました。

○ヘルシーな飲み物をよく飲んでいる

松田聖子は、朝からリンゴ&にんじんジュースを作って飲んでいます。
休憩の時は、リラックス効果が期待できるカモミールティーというハーブティーを飲みます。

朝にリンゴとにんじんで作ったジュースを飲むというのは、美肌対策にもなります。
元々肌が綺麗なのでしょうが、起きがけにりんごとにんじんのジュースを飲むのも美肌の秘訣なのでしょう。


○食生活は和食中心?

松田聖子はとにかく体が細い!

ハードなダイエットでもやっているのかというと、そこまできつい食事制限はしていません。

しかし食生活は和食を中心にしています。
お肉をメインとした洋食は、あまり食べません。

和食は洋食よりも野菜を多く使い、栄養バランスがいいです。
基本的に洋食よりも低カロリーですし、油脂を大量に使ったメニューが少ないため、とてもヘルシーです。

余計な油をとりすぎないで済むのも、和食中心の食生活だからでしょう。

松田聖子はきっと、おやつに甘いものは食べないのだろうと思っていたら、意外にも、スタッフと一緒に食べることがあると言います。
クッキーやプリンが好みのようです。


○トレーニングは欠かさずしている

松田聖子は、筋肉トレーニングやストレッチを毎日欠かさず行っているとのことです。
だからあれだけ細い体をキープできるのでしょう。

汗をかくことで老廃物も排出され、デトックス効果が高まると言われています。

松田聖子は、トレーニングやストレッチで基礎代謝を上げ、体を温めることによって、美容効果を高めています。
運動は脂肪の燃焼だけでなく、美肌にも効果的です。

56歳になってもアイドル時代のようなスリムな体型でいられるのは、年齢に負けず、毎日トレーニングを積んでいるからかもしれません。

年齢的にも、毎日トレーニングをするのは大変なはずです。
そこを、毎日欠かさずトレーニングを続けるという努力が、松田聖子の美貌を支えているのでしょう。

CanCamで、超絶美人なモデルさんとして活躍していた安座間美優。
アナウンサーや女優業でも活躍し、その美しい容姿で視聴者を魅了してきました。

そんな安座間美優は、今は32歳です。

30代はお肌や体の調子も20代とは変わって衰えてきますが、安座間美優は全然衰えていません!
いつまでも年をとらず、可愛く綺麗でいられる秘訣には、何があるのでしょうか。


○筋トレが趣味!

安座間美優は、その上品で女性らしい雰囲気からは想像できませんが、なんと筋トレが趣味のようです。

ジムに通って筋肉を鍛えているのは、何もダイエットのためだけではありません。
筋肉を引き締めて、ヘルシーなボディに仕上げるためです。

ちなみに通っているジムは「e-stretch」です。
大手町や代官山、中目黒にあります。


○オーガニック食品が大好き

安座間美優は美意識だけではなく、健康意識がとても高いです。
そのため、外食する時や、買い物で食品を選ぶ時も、オーガニック食品を好んでチョイスします。

例えば外でアイスクリームを食べる時も、オーガニックのアイスクリーム屋さん「Three Twins Ice Cream」を選んでいるようです。撮影の合間にも、オーガニック製のタピオカミルクティーを飲んで、休憩しています。

最近ハマっているオーガニック食品は、「ロカボナッツ」です。

ロカボナッツは小腹がすいた時のおやつにぴったりで、1袋30グラムなので手軽に食べられます。
ナッツは脂肪やカロリーが高いので心配!という女性も多いですが、ロカボナッツなら糖質が低く、カロリーも控えめです。

お腹が空いた時のお供に、ぜひいかがですか。


○スムージーを毎日飲む

安座間美優は、スムージーを毎日自分で作り、飲んでいます。

スムージーにはフルーツやオイル、野菜や生姜など、美容や健康にいい食材をたっぷり含めています。

インスタグラムでも、ご自身で作ったスムージーをアップしています。
栄養満点のスムージーを毎日飲んでいるからこそ、お肌や体を若々しく保てるのかもしれませんね。

スムージーの他、酵素ドリンクも取り入れています。
酵素ドリンクを置き換えダイエットに使う事もあるようです。

アーティストとして活躍しているaikoは、現在43歳です。
元々ベビーフェイスなので、40代なのに見た目が若いです。
肌も白くて綺麗ですし、髪もツヤツヤでサラサラ。

愛らしい顔立ちはそのままですし、シワもたるみも特に目立たず、20代の頃から半端なく可愛いです。

そのキュートな容姿は、いまだ衰えるところを知りません。
43歳になっても、いまだ老けないのは、どのような美容法を実践しているからなのでしょうか。

ここでは、40代になったaikoが実践している、美の習慣をご紹介します。

○美肌なのは水泳のおかげ?

aikoは水泳が好きで、よく行きます。

肌がキレイなのは、水泳をしているかとも言えるでしょう。
水泳で体を動かすことにより代謝も上がるため、お肌の新陳代謝も良くなります。
代謝が上がれば、肌の再生能力も高まります。

水泳にはマッサージ効果もあるため、肌の毛細血管が刺激され、血液の循環を良くしてくれるため、血色が良く、健康的な皮膚にしていけます。

さらに、水泳はリズムに乗って呼吸しながら泳ぎますよね。

これも、お肌にとって良い影響を与えます。
呼吸を繰り返すことによって心肺機能も活発になり、血液の循環がさらに改善していきます。


○ビタミンB群をたっぷりとってニキビ対策

色白で肌トラブルのない美肌をキープしているaikoですが、以前はニキビ肌に悩んでいました。
どのような克服したのかというと、ビタミンB2やB6を多く食べたことです。

<ビタミンB2>
・チーズ
・納豆
・緑黄色野菜
・海苔

<ビタミンB6>
・卵黄
・牛乳
・レバー
・魚
・キャベツ

aikoは上記のような食材を、バランスよく食生活に取り入れたところ、ニキビが改善したようです。


○小柄で華奢な体型は水泳から?

aikoは背が低く、体も華奢で可愛らしいですよね。

太ったaikoは想像できませんが、代謝が落ちてくる40代という年齢で、どうしてあそこまで華奢な体型をキープできるのでしょうか?

聞いたところによると、aikoは定期的に水泳をしているようです。

水泳は陸上競技と比べると、関節への負担が少ないです。
一見ハードで疲れそうなスポーツに感じますが、意外と体に優しく、有酸素運動としては理想的と言えます。

普段あまり使わない筋肉も使うため、全身のシェイプアップになります。
aikoが年齢を重ねても太らず、小柄でいられるのは水泳のおかげもあるかもしれませんね。

現在34歳で、ママになっている若槻千夏。
最近、またタレント業が本格的に復活したようで、バラエティ番組でも見かけるようになってきました。

何年かブランクがあったのに、ほとんど以前と見た目が変わっていなくて、びっくりしました。
結婚と出産を経験し、今では毎朝子供にお弁当を作っているママです。
しかし、とても若々しいです。

34歳でも老けた印象は全くなく、むしろ20代でも通るのでは?というくらい可愛いです。

元気で明るいところも変わらず、いまだにとても若々しい若槻千夏ですが、普段から何か特別なケアはしているのでしょうか。

○冷え対策を徹底している

夏でも体が冷えやすいというくらい冷え性の若槻千夏。
冷えをそのまま放置しているとむくんでしまうため、入浴後は必ず全身をマッサージします。

冷えてむくみやすい脚は、特に入念にマッサージしています。

○クリーム ドゥ ラ メールで全身のケア

若槻千夏は、ヘアメイクさんにクリーム ドゥ ラ メールを教えてもれってから、全身に使うようになりました。

クリーム ドゥ ラ メールをつけると、肌がとてもしっとりするようです。

いつ見ても潤っていて肌トラブルのない美肌は、クリーム ドゥ ラ メールを大活用しているからかもしれませんね。

○常に体を動かしてダイエット

産後太りの気配もいっさい感じさせない若槻千夏。

ストイックなダイエットに取り組んでいるのかと思いきや、基本的にハードなトレーニングはせず、自己流で体を動かしているようです。

筋トレをしているわけでもないのに、どうしてあんなに体が引き締まっているのでしょうか。

それは、常に意識的に体を動かしていることも、影響しているようです。

若槻千夏は二の腕が太めなことにコンプレックスがあるようで、常に体を動かしてシェイプアップしているようです。

移動や仕事の空き時間を使って、ハンドクリップを使う事もあります。
これによって、二の腕やや腕の内側の筋肉が引き締まってきたようです。

また、自分の美意識や危機感を高めるためにも、裸になって鏡の前に立ち、スタイルをチェックしています。

鏡で自分の全裸を確認すると、どこが太りやすいかも一目瞭然で、ダイエットに生かしやすいようです。

ちなみに若槻千夏が短期間で集中的にダイエットした時は、3日で-3キロ減量したようです。
どのようなダイエットをしたかというと、とにかくスイーツはいっさい食べず、岩盤浴やジムに通ったと言います。
短期間だったから頑張れたようです。

マシュマロのようにふんわりと白い肌。
ふっくらとして若々しい印象の吉高由里子ですが、すでに30歳です。

個人的に、吉高由里子のベビーフェイスはとても羨ましいです。

もう20代ではないですが、いつまでもフレッシュな印象があります。
その若々しさや美肌の秘密には、何があるのでしょうか?

○我慢しないのが美の秘訣?

女優さんだからダイエットしていて当然!というイメージのある人は多いでしょう。

しかし吉高由里子は、我慢することが嫌いなため、無理なダイエットはしません。

過激なダイエットに取り組んでしまうと、ストレスがたまって肌トラブルを引き起こすリスクもあります。

そうなるくらいだったら、始めからストレスがないように、無理な食事制限はしない!というのが吉高由里子流です。

吉高由里子はお肉が大好きなので、ダイエットのためにお肉を我慢するというこはありません。

むしろお肉はタンパク質が豊富で、髪や皮膚、爪を形成される体の構成要素です。
美肌作りも、タンパク質が必要不可欠です。

吉高由里子は、お肉が好物でよく食べるからこそ、お肌が卵のようにツルンとしているのかもしれませんね!

○スキンケアで重視しているのは「クレンジング」

スッピンも大変綺麗だと評判の吉高由里子ですが、自身がスキンケアで一番気を付けているのが、「クレンジング」です。

吉高由里子は、どんなに忙しくても、面倒でも、メイクしたまま寝ることはいっさいありません。

必ず、クレンジングして清潔な状態にしてから寝ます。

どうしてここまで「クレンジングしてから寝る」ことにこだわり出したかというと、クレンジングせずに寝るのは、雑巾を顔に乗せて寝るようなものだと聞いたことがきっかけでした。

これは、コスメ自体が不潔という意味ではなく、時間がたつとどんなに品質のいい化粧品でも、酸化してしまい、汚くなるということです。

化粧品に含まれる油分と、皮膚の皮脂が混ざって空気に触れると、酸化してきます。
酸化したコスメがいつまでも皮膚に付着した状態は、当然ですが清潔ではありません。
肌トラブルを招く恐れもあるでしょう。

一日の終わりにクレンジングするというのは基本中の基本ですが、この基本を徹底することによって、吉高由里子の美肌はキープできているのかもしれませんね。

○高級なコスメでも惜しみなく使う!

吉高由里子は、スキンケアの中で一番クレンジングにこだわっています。
そのため、クレンジング剤を選ぶ時も安価なものは選ばず、高級品でも惜しみなく買うようです。

肌を甘やかさないためにも、安いコスメで満足するのではなく、あえて高級なコスメを使う事で、美肌維持しています。