驚異の若さ!観月ありさがスタイルや小顔、美肌を維持するためにしていることとは?

  • 投稿日:
  • by

2018年で42歳になる観月ありささん。

年齢を重ねたからといって体型が変わるわけでなく、今だに顔がちっちゃくて綺麗です。
その若さと美貌をキープするために、何か努力していることはあるのでしょうか?

観月ありささんが年齢に関係なく、いつまでも年をとらない理由に迫ります。

○ピラティスでボディラインを整えている

スタイルが綺麗な女優さんやモデルさんほど、ヨガやピラティスをしていますよね。

どうやら観月ありささんも、ピラティスを定期的に行っているようです。
他にもピラティスをしてボディラインを整えている女性芸能人には、二階堂ふみさんや森星さん、永作博美さんやミムラさん、橋本マナミさん、田丸麻紀さんなどが挙げられます。皆さん変わらず美女ですが、ピラティスで美ボディをキープしているからもあるのでしょう。

観月ありささんは、もっと痩せる必要がある時には、ジムで頑張って筋肉を鍛えるようです。

筋肉を鍛えることによって筋肉量が増えるため、代謝が上がって痩せやすくなるからです。
また、スタジオボディデザインでシルクサスペンションといって体幹を鍛えるトレーニングをすることもあります。

食生活では極力炭水化物を抜いて、痩せ効果を高めていきます。


○野菜多めの食生活

観月ありささんの普段の食事は、やはりヘルシーです。
野菜を多めに摂取し、食事の最初にたくさん食べるようにしています。
だからこそ、40代には見えないような奇跡のヘルシー美ボディが自慢にできるわけですね。
野菜を最初に多めに摂ったら、後は食べたいものを食べると言います。

これは食べてはいけない!とストイックにルールを決めてしまわず、野菜を多めにとることを守っていれば、その後は何を食べてもいいことにしているようです。

このような食生活であれば、ダイエット中でもストレスがたまりませんよね。

しかし観月ありささんは、小麦系よりもお米を選んで食べるようにしていると言います。
なぜなら、お米は体にたまった老廃物を流す役割がありますが、小麦粉はその逆だということを学んだからです。

観月ありささんは元々麺類が大好きだったようですが、麺類は小麦粉が減量なので、控えるようになったと言います。

その代わりにお米中心の食生活を送るようになり、青汁や酵素も多くとっているそうです。



○リファアクティブを使って身体のマッサージ

体のマッサージとして、リファアクティブというローラーを愛用しているとのこと。
リファアクティブを使う事によって肩こりも緩和され、目の疲れや頭痛にも効果的だと言います。
フェイスラインやボディラインもキュっと引き締まるようです。
観月ありささんが小顔で引き締まったボディでいられるのも、リファアクティブを使って体や顔のお手入れをしているからかもしれませんね!