ニコール・キッドマンが51歳になっても若々しいワケ

  • 投稿日:
  • by

世界的にも有名でその美貌にも定評のあるニコール・キッドマン。
現在なんと51歳ですが、相変わらずのスタイルと美しさをキープしています。

弾けるような笑顔も絶やさず、明るくて少女のように元気いっぱいのニコール・キッドマンですが、50代になってもその若さを保つためにもどのような努力をしているのでしょうか?

〇コーヒーではなくミルクを飲む

海外の人は日本人に負けずコーヒーフリークが多く、ハリウッドスターもコーヒーが好きな人が多いですが、ニコール・キッドマンは、なんとコーヒーよりもミルクフォームを積極的に飲むようです。

近所のスターバックスでは、ミルクフォームにちょっぴりコーヒーを入れてもらうと言います。
泡でボリュームがあればミルクの量が少なくても満足できます。それにコーヒーだけ頼むと、どうしてもクリームや砂糖を追加するようになるため、ミルクだけの方が健康的だからのようです。


○サプリでビタミンをしっかり補給!

年齢を重ねるとビタミンがなかなか生成されず、そのせいで肌トラブルが増えてしまうことがあります。

しかし、仕事で日々忙しい中、多種多様な食品を食べて十分なビタミンを補うのは難しいことです。

そこで、ニコール・キッドマンはマルチビタミンのサプリメントを飲むようにしているようです。
サプリメントであれば、食事でビタミン不足になっていたとしても、足りない分のビタミンを補ってもらうことができます。

ニコール・キッドマンが特に気にいっているのは、オーストラリアのブランド「Swisse」とのことです。


○脂質の少ないたんぱく質を食べる

ニコール・キッドマンはオーストラリア出身ということもあり、シーフードが大好きです。
お魚を日頃からよく食べるので、良質なたんぱく質が摂取できます。

これも、いつまでもニコール・キッドマンが元気で若々しくいられる秘訣でしょう。
オイスターやカニ、ロブスターのような新鮮なシーフードの盛り合わせが大好きとのこと。

脂質の少ないシーフードを選んでタンパク質を十分に補っているようですよ。

時々ジャンクフードも食べたくなるようですが、あえて我慢せずに、少量を楽しむようにしているようです。

ニコール・キッドマンの方針として、「我慢するのは良くない」というのがあるらしく、我慢するくらいならちょっぴり食べてしまうようです。

といっても、二コール・キッドマンの食事の80%は健康的なものなので、残り20%がジャンクフードだとしても、あまり影響がないのでしょう。