嵐の記事が図書館で大量に切り取られる!?犯人の「名推理」に拍手か

  • 投稿日:
  • by

愛知県安城市の市図書情報館が所蔵している雑誌から、嵐の記事が大量に切り取られていることが判明しました。

インターネット上では、犯人についての意見や推測が飛び交っています。
嵐の熱狂的なファンによる犯行なのか、それとも転売する目的など悪質なものなのか、さまざまな憶測が注目されています。


○被害額はなんと3万3,990円に相当!?

嵐の記事を切り取ったのが、ファンの過剰な行動だとしても、カワイイいたずらでは
済まされません。

報道によると、切り取られたのは女性誌『MORE』『non-no』『with』『an・an』の2015年1月号~18年5月号の期間に発行された計50冊の計332ページにも及び、被害総額は
なんと3万3,990円にもなります。

雑誌を借りた人からの指摘で、犯行が発覚しました。
図書館では、2階に雑誌コーナーがあり、4階に公開書庫があります。
そこでは3年分の雑誌を自由に閲覧することができ、借りることもできます。

市は、「所蔵雑誌は市民の共有財産。再発防止に努め、今後、管理の徹底を図りたい」としています。

○迷惑行為にブーイングか?

今回の報道を受けて、女性向けの『ガールズちゃんねる』では怒りの声がたくさん寄せられています。

・みんなが迷惑する
・身も心も貧しい人だね

・こういう人がいるから迷惑が広がる。自分が住んでいるところは基本的に雑誌の閲覧は自由だけど、嵐の掲載雑誌に関しては現物を棚においていない。
カードが棚にあって、図書館の利用カードと一緒にカウンターに持っていって借りるスタイル。
面倒だけど仕方ない...。」

・「近所の図書館も切りぬきが多くて、雑誌の購入を辞めるっていってるし、一人のせいで
みんなが迷惑するんだよね。
まぁそんなことする人は、心身ともに貧しいんだろうね。
巡り巡って自分に返ってくるし、やめた方がいいのにな。」


○犯人はファンの一人という説が有力か!?

2ちゃんねるの掲示板では、今回の事件の犯人が嵐のファン、アンチ嵐ファン、転売屋
のいずれかであると推測されています。

中にはオタクという声も。