嵐の相葉雅紀&二宮和也が金欠の村上信五に深い慈悲!?

  • 投稿日:
  • by

関ジャニ∞は渋谷すばるが抜けて、現在は6人体制となっています。
そして初の5大ドームツアーの真っただ中。

昨年2月には髄膜腫で開頭手術、今年4月には胸椎と腰椎を椎体骨折した安田章大も、動きを一部セーブしながらもステージに登場しています。

ツアーは9月16日、福岡・ヤフオク!ドームで終了しますが、そのちょうど2カ月後の11月16日、嵐が大5大ドームツアーをスタートさせました。

今でこそ嵐も関ジャニ∞も、巨大会場を満員にできるくらい爆発的な人気となりましたが、関ジャニ∞が同期の嵐に追い付くには、意外と時間がかかりました。

関ジャニ∞初代の村上信五、横山裕、渋谷は1996年に入所しました。
その3年後、関東で収録されるバラエティ「ピカイチ」、「やったるJ」に出演できるチャンスもつかみます。

しかしその年の嵐と言えばハワイで超VIP待遇のデビュー記者会見を開き、盛大にアイドルグループとしてデビューします。
まだ関西ジャニーズJr.だった関ジャニ∞の3人とは、雲泥の差でした。

当時の関ジャニ∞は貧乏だった!?

村上信五は当時、新幹線の料金を浮かせるために実家暮らしだった
二宮和也、相葉雅紀の家に泊めてもらったこともあるようです。

1週間で2回、東京から大阪間を往復する場合、東京で過ごせば新幹線の往復分を利用しなくて済むことになります。
会社からもらったチケットを四谷の雑居ビルの4階にあった金券ショップで換金していたこともあるとか...。

当時から嵐は村上信五と横山裕に対してとにかく優しい対応でした。
特に相葉雅紀は、親友の横山裕が泊まりに来た時は、家族4人で歓迎してくれたと
言います。


横山裕:「神奈川県内に住んでいた家族が全員で最寄り駅まで車で迎えに来てくれたんです。」


車の中ではしりとりをしていたという何とも微笑ましいエピソードもあります。
横山裕の順番になった時、なんて答えようか迷ってしまったのですが、軽くスルーされたようです。
参加するのはまだ早いというアピールだったのかもしれませんね。

関ジャニ∞が大きく成長できたのは二宮和也と相葉雅紀の優しさのおかげだった?

嵐の中でも、特に二宮和也と相葉雅紀は村上信五と横山裕に優しい姿をたくさん見せています。

2人は二宮和也と相葉雅紀に頭が上がらないでしょう。
ひょっとすると関ジャニ∞がここまで大きく成長できたのも、二宮和也と相葉雅紀が支えてくれたこともあるかもしれませんね!