嵐・櫻井翔がJALの新CM撮影のエピソードを語った!手を振ってくれた高校生から「誰ですか?」

  • 投稿日:
  • by

JAL(日本航空)が「嵐」を採用して作られたCM「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」の新CMの発表会が行われました。

このイベントでメンバーの櫻井翔さんがゲストで登場し、赤坂社長からは2020年に向けた新たな取り組みが発表されました。

JALは2018年8月23日(木)、羽田空港のJALメンテナンス第2格納庫内で、嵐の5人が登場する「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」の新CMを発表しました。

そのメンバーの一人である櫻井翔さんがゲストとして招かれました。
さらにこの時、JALの赤坂祐二社長からは、2020年に向けた新たな取り組みを発表しました。

○高校生から「誰ですか?」と言われる嵐・櫻井翔

「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」というのは、JALの東京オリンピック・パラリンピックへのキャッチフレーズでもあります。
櫻井翔は新CMを撮影した時のエピソードを振り返ってくれました。

真夏の炎天下、屋上にて長袖で臨んだ今回の新CM。
撮影中、向こう側の高校生の屋上から生徒が手を振ってきてくれたため、振り返したら「誰ですか?」と言われたそうです。

新しいCMは9月15日(土)からオンエアされます。
CMの中では「嵐」の新曲『SKY Again』が流れます。

○赤坂社長の2020年に向けた新たな3つの取り組み

赤坂社長が今回のイベントで発表した3つの取り組みの1つ目は、訪日外国人の誘致の強化です。
2020年までに、訪日外国人の旅行者数を4000万人にすると目標を持っています。
そのためにも路線網を充実させ、中長距離国際線とLCCの就航を行う予定です。
2020年時点での訪日外国人の地方送客数200万人以上を目標としており、期間と人数は限定した上で、訪日外国人を地方に無料で招待するとのことです。
大会期間中には、割引運賃も設定する予定です。

2つ目は、スマート空港を実現させることです。
2020年までに100億円を投資して、約70億円は情報提供のシステムにあてます。
約30億円は、成田と羽田の両方の空港でチェックインカウンターから搭乗口に至るまで、バリアフリーにし、幅広い世代の人たちが便利に使えるようにします。

3つ目の取り組みは、2020年には、国産のバイオジェット燃料を使った運行を実現させることです。