櫻井翔が大学の後輩・森光に学業と仕事の両立について言及する?当時の想い出も暴露

  • 投稿日:
  • by

嵐の櫻井翔と言えば、嵐の中でも優等生で超お坊ちゃん要素の強いキャラクターです。慶應義塾大学卒という高学歴でインテリ、ハイスペックと言えるでしょう。
そんな櫻井翔は、嵐のメンバーとして活動をスタートした後に慶応義塾大学に入学を果たし、学問と芸能活動の両立を器用にこなしていたことになります。芸能活動と学校生活を両立するのは難しいとされる一方で、忙しい時期を乗り越えて見事卒業しています。
大学生活も充実していたようで、櫻井翔には大学時代のエピソードも多いようです。


○学業もかなり多忙だった櫻井翔

当時から嵐としての活動も忙しかったのですが、大学生活の方も多忙だったようです。大学で主催された映画「神様のカルテ」の公開イベントで、櫻井翔は自分時瓶の学生時代を振り返りました。

櫻井翔:「試験と撮影が重なった時は睡眠時間が足りず、眠くて仕方なかったこともあって、立ったまま寝ていたこともありました。」

と、面白い告白をして会場を笑わせました。試験前は友達とファミレスに集まって勉強しに行ったものの、結局はおしゃべりに夢中になってしまったと、普通の学生らしいエピソードを公開してくれました。忙しい中でも学業をこなし、学生生活においても青春時代を送っていたことがわかります。


○櫻井有吉アブナイ夜会で後輩・森光に対して...

櫻井翔自身が司会を務める「櫻井有吉アブナイ夜会」では、当時櫻井翔と同じ慶應義塾大学に在学していた後輩のモデル・森星がゲストで登場した時、森光が就職活動をしていないことを心配する姿もありました。

櫻井翔:「僕は嵐に内定が決まっていた」

と冗談まじりに話つつ、

「確かに周りは大学3年生になるとスーツを着出してちょっと焦るよね。」と、森光に共感しました。
仕事と学校の両立に悩んでいた森光に対して、学生の本業は勉強だと宣言し、「僕は睡眠時間を削って勉強していた。」と、当時を振り返ります。

櫻井翔:「責任を果たしてからじゃないと好きなことは楽しんじゃいけない。」

と、森光に説得ある助言をしていました。
なにはともあれ、今の櫻井翔があるのは、大学生活の経験も生きているのかもしれませんね。