嵐の相葉雅紀が明かした嵐で大切なことを決める時って?

  • 投稿日:
  • by

自他共に認める野球ファンである相葉雅紀さん。
今年の夏は、「熱闘甲子園」のスペシャルナビゲーターも担当しました。
そして今回、大好きな野球への想いも語ってもらいました。
嵐のチームワーク、プライベートでの習慣についても含めて、お話してくれました。


○相葉自身も野球をやっているのか?

「小学校3年生~6年生まで少年野球をしていました。とにかく野球が
大好きでした。大人になってからもメンバーを集めて草野球チームを作って遊んでました。
一緒にやってたのはほとんどスタッフさんで、二宮くんも参加してくれました。
でもここ5年間くらいはできていないですね~。人数を
集めるのも大戦相手とのスケジュールを組むのも大変なんですよね~。」


○プレイするのと野球観戦だったらどちらが好きか?

「どっちも好きですが、この間二宮君とバッティングセンターに行きました!
全然当たりませんでしたが。
イメージ通りにいかなくて、もう駄目だなと感じましたね。
20球打っただけでも手が疲れてしまいました。そう考えたらやはり、
最近では観戦と応援がメインですね。」


○今夏は「熱闘甲子園」のスペシャルナビゲーターも担当していますが...

「数年前から夏の大会は甲子園球場まで行って観戦するようになりました。
現場を知っているからこそ、今夏で100回という歴史ある大会で、
僕が伝えられることもあるのかなというプレッシャーもあります。
でも大役を務めさせてもらうことに感謝しながらも、できる限りのことを
やっていきたいと思っています。」
と、意気込みを語ってくれました。

○甲子園を観戦するにあたって何かこだわっていることはありますか?

毎年仕事の合間をぬって行ける日を見つけていくので、絶対準々決勝を見るぞ!なんてことはできないんですが、その分毎回違ったタイミングで見られるのは面白いです。
席も内観戦、外観戦、アルプス席、それぞれから観戦していたのですが、どの席も違った楽しさがありました。」