松本潤、大野智、二宮和也、櫻井翔、相葉雅紀ら嵐メンバーの年収が支援活動で明らかに...!?

  • 投稿日:
  • by

被災地の支援活動として、嵐メンバーそれぞれ支援金を届けていますが、そのニュースで嵐の序列が明らかになってきています。


西日本豪雨災害では、松潤と二宮が支援活動の中心に立ち、両方の名前が大きく報道されました。


記者によると、「松潤と二宮が嵐の顔で1位2位、そして他のメンバーは引き立て役決定です。」とのこと。

最近嵐は、ソロ活動を加速させています。
予期していなかったことですが、嵐5人の序列が明白になった支援活動となりました。

ツートップはやはり、支援金活動の先陣を切った松潤と二宮和也。
大野智、櫻井翔、相葉雅紀が脇役、おまけとなってしまうのは確実です。

ジャニーズ程序列や上下のつながりを重んじる事務所はないと言います。
一度決まったら、順序はよほどのことがない限り変わらないといってもいいでしょう。
嵐の5人での活動のピークは過ぎ、最近はソロ活動に専念してきています。
今後、どのような1順序で人気を集めていくのかにかかってくる時期と言えるでしょう。

先月7月に西日本豪雨災害が発生し、嵐メンバーの支援活動は顕著となりました。
まず松潤が広島県、愛媛県の両県庁を、グループを代表して訪問します。

そしてそれぞれ5000万円の義援金の目録を両県知事に手渡したのです。

松潤が直接訪れることは、事前に地元の放送局や新聞でも伝えられていました。

県庁には多くの取材陣が集まり、そこに松潤が登場したのです。
義援金目録を知事に渡します。
そしてさらに松潤は、避難所を訪れて被災者と写真を撮るなど、この上なく絵になるシーンとなりました。

当然、この復興支援の裏には仕掛けがあったのです。

○義援金の金額で嵐の序列が鮮明になる?

災害義援金の金額をみれば、嵐の序列がわかるでしょう。
最初、どこの社も松本単独の活動かのように報じていましたが、行動力や義援金の金額からも、誰もが「すごい」と思ったのです。

事務所も多くを説明しなかったですし、松潤のイメージだけが飛躍的に上がり、完全な事務所の画策といってもいいでしょう。