嵐・松本潤が7月20日広島県庁訪問?豪雨災害への義援金5000万円を湯崎英彦知事に

  • 投稿日:
  • by

嵐の松本潤が、広島市の避難所や広島・愛媛県庁を訪問し、西日本豪雨の復興支援のための寄付をしました。
チャリティーイベント「嵐のワクワク学校」の収益金の一部といいます。

○松潤、被災地の人にメッセージ

この日、 スーツ姿で現れた松本潤さん。
湯崎知事は、県内では100人以上に上る犠牲者が出ており、現在も多くの市民が避難所生活を強いられているといいます。

生活の立て直しに向け、住民が不安定な中で、「このような気持ちをいただけるのは、とても勇気づけられます」と、松潤の寄付に感謝の気持ちを述べました。

松潤は、「一刻も早く皆さんが普通の生活に戻れるように、できる限りのことはやっていきたい!」と、被災地の方を応援するメッセージを送りました。


○松潤:「自分たちができることをやっていきたい」

その後松潤は、広島市内の被災地にも訪れ、そして義援金(各5000千万円)の目録を贈呈しました。

これは東日本大震災をきっかけに嵐が始めたイベントの収益の一部で、両県が開設する義援金の専用口座に近日振り込むということです。

広島県庁で湯崎英彦知事が「勇気づけられます」と松潤に感謝すると、松潤は「自分たちができることをやっていきたい」と、支援を継続することを約束しました。

松潤は広島市安芸区の避難所も訪問しました。
愛媛県庁で中村時広知事と面談後に記者会見した松潤。

「岡山県にも後日、誰かが伺うように調整しています」と、今後の予定についても話しました。