嵐が『「untitled」』で伝えたかった「未完成」。映像作品から伝わるクリエイティブな姿勢とは

  • 投稿日:
  • by

嵐が、2017年末~2018年にかけて開催した「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」」のVD/Blu-rayをリリースしました。

今回のドームツアーは、東京や札幌、名古屋、福岡、大阪の5会場で、18公演が行われました。

映像に収められたのは、東京ドームの公演です。

通常版のラストには、千秋楽の京セラドームの、大阪のみで披露された、「感謝カンゲキ雨嵐」が追加で収録されています。

今回のライブでは、その最後におさめられた千秋楽での松潤の言葉が、まとめとしてふさわしいものになりました。


○松潤の言葉にじんわり

松潤:「実験的なものでも未完成なものでも、自分たちの将来を見据えてもう一度フラットにトライするという姿勢で、新たなものを創作してみるとどうなるか?と、考えながらアルバム作りやライブをしました。」

「untitledにはタイトルが付いてないので。これはそれぞれが今日どんなふうに感じたのか、それによってタイトルをつけることで完成します。」

「去年の10月に「untitled」という表題のアルバムを発売した嵐。そのアルバムで表現されていたのは、デビュー以降の自分たちの活動を、いったん総括するような内容です。

さらに、あえてそれを完成型とはせずに、未完の状態で世に放ちます。

それは、コンセプトの楽曲を「統一感を持たせずに詰め込んだパッケージング」だったのです。

「ディスクをPCで読み込んでもタイトル情報を取得できません。
自分で入力しなければならないのです。」

こうした意味では、アルバムのコンセプトをそのまま具現化したライブでもあります。
過去を振り返って、嵐の未来をファンと一緒に考えます。
このようなひと区切りのようなコンセプトを、アルバム制作からツアー演出に至るまで、総合的に創作したのです。


○ユニット曲によって明るみになった嵐の本質とは

今回の公演のコンセプトは、4つの「Junction」が設けられていることです。
・愛
・未来
・別れ

と表題された部分では、大型のLEDビジョンにそれらをイメージしたフレーズと映像が映し出されて、その後にそれぞれのテーマに即した楽曲を披露しています。