2月21日に放送されたフジテレビ系列の「TOKIOカケル」では、過去の出演者らの蔵出し映像を公開しました。

 

その中で嵐の松本潤が、嵐の結成秘話について明かすシーンが映し出されました。

 

○歌のうまいメンバーが欲しいという事で大野が追加

 

嵐メンバーとしては、最初松本と二宮、櫻井翔が先に決まっていて、その後、歌のうまいメンバーを加えたいということで、大野智が選ばれたといいます。

 

しかしながら、当時の大野はジャニーズを辞めようと思っていたこともあると明かします。

 

大野がレコーディングを手伝ってくれと言われて現場に行ってみたら...、大野のパートはソロになっていて、その時初めて、事態がヤバイ方向にいっていることがわかったようです。

 

辞めたいのにデビューさせられてしまうと懸念した大野は、「その日から2週間くらい、携帯も家の電話も全部出なかったらしいです」と、強硬手段にとったことを振り返りました。

 

これについて国分太一は、「本当に辛かったって言ってたよ」と、その頃の大野の心境について語りました。

 

当時、大野は京都にある劇場で舞台活動をしていたといいます。

舞台装置のフライングで吊るされながら袖で出演を待っていると、「ふと我に返って「俺何しているんだろう」と、本当に涙が出たといいます。

 

リアルな大野のエピソードが明らかになりました。

 

松潤は、「半年に一回くらい、どうしても泣いちゃうらしいです」と話して、周囲の笑いを誘っていました。

 

松本は、過去にも結成秘話について明かしていて、デビュー前は大野だけではなく、二宮和也と櫻井翔の2人も、ジャニーズを辞めたがっていると話していたことがわかりました。

 

ジャニーズで順風満帆にやってきたかと思えば、それぞれ色々な悩みがありながらも、嵐として突き進んでいたわけですね。

 

楽しくて華やかなだけではない、ジャニーズの裏側、嵐メンバーの裏について、よく知ることができるエピソードです。

2月24日に放送された「嵐にしやがれ」では、ゲストとして山﨑賢人や滝沢カレン、小籔千豊が出演しました。

 

○山﨑賢人がエレベーターでつられて降りちゃうことに嵐「コワ!」

 

今大ブレイクしている山﨑は、オープニングトークにも登場。

そこで菅田将暉から「100点のビジュアルに0点の中身」という密告があったことが

判明します。

その例として、「エレベーターで誰か降りたらつられて降りてしまう」という天然とも言える行動が明らかになります。

 

これに対して山﨑は、「こういうことないですか?」と、周りに共感を求めますが、櫻井は「ないよ!」と断言します。

 

どうしてつられて降りてしまうのかということについて、山﨑は「ボーッとしてて、エレベーター乗ってて、降りる人がいたらその勢いで...」と弁解します。

 

二宮和也も「絶対怖いよ!」と反応します。さらに二宮は、「俺が4階押しててさ、櫻井君

が8階押してたとするじゃん?8階で降りるんだな、この人はと思ってて、4階で自分が降りてついて来られたら超怖いよ!なんで降りてきたんですか?って聞いて、つられて降りちゃったんです。いやいや、怖すぎるよ!」と、具体的にシチュエーションを想像して発言しました。

 

改めて振り返った山﨑も、「恐怖ですね」と自分でも納得...。

 

○2018年ラーメンデスマッチ

 

番組恒例企画では、「2018年ラーメンデスマッチ」が開催されます。

ラーメンをかけて、山﨑と嵐がクイズで対決しました。

 

クイズに正解した松潤は、麺処「銀笹」の銀笹塩ラーメンをお味見。

スープを見た松本は思わず、「プースーが透き通ってる!」」と、片言の業界人風で感想を述べました。

 

スープを飲んだ松本は続けて「スープーが上品」と、普通の片言で味を伝え、メンバーから普通すぎると突っ込みが入ります。

 

麺をレンゲにあてて麺と一緒に口に運んでいく松本の食べ方を平成ノブシコブシ・吉村も指摘すると、櫻井も「本当だ! エレベーターみたい!」と例え、「吸う力がすごい」と、二宮も表現します。

 

ちなみに二宮は、らぁめん一福の「味噌らぁめん」を食しました。

クイズに答えられず一人ラーメンが食べられない山﨑は、ゆっくりと二宮に近づいていき「美味しそうですね」と声をかけます。

 

「うん。うまいよ。店は渋谷だって」と二宮が返答し、食べさせてはくれないことを悟った山﨑は、「あっ......近い」と尻込みしスタジオの笑いを誘います。

櫻井翔と言えば、嵐としての役割もこなす一方で、キャスターというインテリな面も持ち合わせていることでも知られています。

 

嵐一インテリなキャラでも知られていますが、嵐ファンからは、「もうキャスターは無理だよ」と諦めの声が飛び交っているとか...。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

 

○嵐ファンから諦めの声?

 

現在の嵐の櫻井翔に対してファンの間からは、

「もうキャスターはおりた方がいい」、

「もともと無理があったんだから」と、悲鳴の声が上がっているというのです。

 

○寒さのせいかレポートの結果が散々だった櫻井...

 

櫻井翔と言えば、平昌オリンピックで現地のキャスターとして「NEWS ZERO」に出演しました。

オープニングがあった2月9日には、番組内で大会をレポートすると挨拶していましたが、寒さがひどかったせいか、話し方がまるで素人のようで、ネット上では、

 

「櫻井を起用した日テレが悪い」と批難の声も上がっています。

 

オリンピックの中継が櫻井には荷が重すぎるとわかっていながら、どうして櫻井翔はレポーターとして器用されてしまったのでしょうか...。

 

○キャスターが務まらないのにどうして櫻井を抜擢したのか?

 

日テレは、同じジャニーズ事務所の小山慶一郎や亀梨和也もニュースキャスターとして起用しています。

 

その中でも小山が出演している番組「news every.」では、まるでリアルなアナウンサーのようだと高い評価を受けます。

 

一方、亀梨は野球の専門的な知識を生かして、スポーツニュースの進行役をして重宝されています。

 

それが櫻井翔だけ2人と違って評価が低いです。

 

ジャニーズでもなんとかしようとして、平昌五輪のリポーターに売り込むことに決めたのです。

 

他のジャニーズの出演者を確保するためにも、櫻井翔を現地レポーターに採用するのにはメリットがあると考えました。

櫻井翔の父親は電通の執行役員というのもあるでしょう。

 

悪く言えば、櫻井はジャニーズのご機嫌伺いのためだけに利用されているといっても過言ではありません。

 

ファンは「もうキャスターとしては限界だよ...」と、今回のオリンピックで再認識した人が多いようです。

 

これから櫻井のキャリアはどうなっていくのか、目が離せませんね

「嵐にしやがれ」が、完全に復活しました。

これまで7年間、土曜の夜10時から放送されていた「嵐にしやがれ」ですが、201年4月からは、1時間繰り上がって9時スタートになりました。

 

この枠移動がどのような結果をもたらすのか注目されていましたが、「天才!志村どうぶつ園」や、「世界一受けたい授業」という土曜の夜の人気番組の「シャワー効果」によって、すっかりとこのタイムゾーンで定着しました。

最近の視聴率も好調をマークしています。

 

2017年11月以降のデータによると、2月17日までの4カ月間で放送された10回の放送のうち、全てが2ケタ台を更新。

 

例えば、1月27日には15%を記録し、2月3日には16.2%と、ハイアベレージをマークしています。

 

2月17日の視聴率こそ10.4%でしたが、これは裏のテレビ朝日系で平昌五輪・ノルディックスキー・ジャンプ男子個人ラージヒル決勝の生中継が、20%近い視聴率を叩きだしていた中での数字です。

 

悪条件であっても、強さを発揮しています。

 

○ドラマの視聴率は低迷気味...

 

その一方で、土曜の午後10時から放送枠が移動となったドラマ枠は視聴率がふるわないようです。

今期クールのHey!Say!JUMP・山田涼介主演の土曜ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」は、初回は13.3%で始まったものの、2回目以降はこの数字を越えられません。

 

「嵐にしやがれ」が人気なのも、単にこの枠の影響というのも考えられるでしょう。

いずれにしても、成功したことは確かです。

 

それでは、嵐のもう一つの冠番組である「VS嵐」はどうでしょうか。

 

こちらも平均視聴率2桁台をキープしています。

特にお正月の特大スペシャルの第2夜では15.7%を記録しました。」

 

○サザエさんを追い抜いた「嵐にしやがれ」

 

低迷が続いていたフジテレビだったこともあり、2桁をマークしてくれる番組は貴重でしょう。

 

さらにすごいことに、VS嵐はサザエさんも凌いでしまうくらい視聴率がいいです。なんと1.9ポイントも高く、

嵐の二宮和也がパーソナリティを務めているラジオ「bay storm」の2月11日に放送されました。

この回では、二宮の後輩でもあるSexy Zoneを通じて、自分が「大人になったことを実感した」と語るシーンがみられました。

 

○リスナーから二宮にメール

 

2月11日の放送では、リスナーから

 

「先日の「嵐にしやがれ」の放送で、Sexy Zoneの皆さんに、今年の「24時間テレビ愛は地球を救う」のメインパーソナリティを伝えるためのスペシャルプレゼンターをしていました。

それをみて、嵐がはじめにメインパーソナリティに抜擢された時、東山紀之先輩がサプライズを発表したことを思い出しました。

二宮さんは、後輩にそのことを伝える時にどのような気持ちでいたのか、エピソードがあれば教えてください」

 

という旨のメールが届いたのです。

 

○二宮がセクシーゾーンにサプライズ発表

 

1月27日に放送された「嵐にしやがれ」では、今年の24時間テレビのメインパーソナリティに、Sexy Zoneが大抜擢されましたが、二宮はこの発表を「サプライズ」として仕掛けることにしました。

 

番組収録と聞かされて集まったSexy Zoneメンバーの前には、二宮がいきなり登場しました。

 

「じゃあもうね、早速意気込みを!」と後輩に雑なフリをし、笑わせます。

 

嵐がはじめに24時間テレビのメインパーソンリティを務めたのは、2004年に放送された第27回のことです。この時、嵐がメインパーソナリティに決まったことをサプライズで報告する役、今回二宮が務めた役が、東山だったというわけです。

 

二宮はラジオでSexy Zoneにサプライズを仕掛けた時のことを振り返りました。

番組スタッフはギリギリまで、誰がメインパーソナリティなのかを二宮にも隠していたそうです。

 

サプライズの前日、二宮がロケをしていた時、Sexy Zoneがメインパーソナリティを務めると知ったのだといいます。

 

このため、リスナーからエピソードを求められても、「教えてほしいもなにもねえ...」と、特に何もなかったことを正直に打ち明けます。

 

しかしながら二宮自身が思う事はあったようで、「そういう役回りになったんだよ、二宮は。」

と、特に何もなかったことを打ち明けます。

女性が男性に愛を告白スルバレンタインデー。

 

このロマンティックな日にちなんで、嵐の中でどの顔が一番好きかということについてアンケート調査が行われました。一番人気はやはり相葉雅紀。

 

○1位は親しみやすい顔の相葉雅紀

 

相葉と言えば、癒し系で明るい笑顔と、不意に出す男らしさのギャップがたまりませんよね。

 

3年連続1位の相葉雅紀は、嵐の番組は勿論、「天才!志村どうぶつ園」、「相葉マナブ」などのバラエティで、飾らず明るい笑顔を見せて女性から人気になっています。

 

昨年4月には、月9ドラマである「貴族探偵」に主演して、貴族役として新たな一面を見せてくれました。

 

そんな相葉の主な支持要因としては、癒し系の優しい笑みにあるでしょう。

優しくて笑顔がいっぱいだからという理由もあります。

いざという時は頼もしくていつも癒してくれるといった回答もありました。

幅広い世代から親しまれている顔です。

 

「35歳になって男の色気もにじみ出ていて、笑顔に癒されそう」

 

「不意に男っぷりが出てキュンとなる」など、様々な意見が出ています。

 

相葉君の笑顔を診ていると「癒される」といった声もあります。

 

○クールで端正な顔立ちの松潤

 

嵐の中でもルックス担当と言えば松潤。

そんな松潤は、2位としてランクインしました。クールでストイックな姿勢も人気です。

端正な顔立ちと巧みな演技力で、数々の映画やドラマに主演し、20代からの支持は1位を集めています。

 

昨年に公開された映画「ナラタージュ」では、元教え子と関係を深めていく演劇部顧問の高校教師役を熱演しました。

 

現在放送中のドラマにおいては、マイペースな弁護士役で高視聴者をキープしています。

さらに嵐のコンサートでは、演出にも加わるなど様々な面を見せました。

 

「とにかくかっこいい!

でも30を超えたらそこに大人の色気も混ざってさらにチャーミングで魅力的。」

 

「仕事ができて真面目で優しい。」

「とにかく美しくて可愛い」

「いろんなおいしいレストランに連れていってくれそう」

 

など、社交的な彼とのデートに憧れる意見も見受けられました。

【嵐の二宮はベランダに外出?】

  • 投稿日:
  • by

今日は嵐の二宮和成についての話題です。

 

2月8日、「VS嵐」では、映画「今夜、ロマンス劇場で」のチームとして、綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、中尾明慶、石橋杏奈、竹中直人が、プラスワンゲストとしてハリセンボンが出演しました。

 

○収録前夜が大雪!

 

収録前日は大雪だったことを受け、櫻井翔が「どこまで遠出した?」と質問します。

ちょうど休日だったという大野智は「やっぱ外出たいな、と思ってベランダにちょっと出た」と答え、相葉雅紀から「頑張ったね」と労われた。これを聞いた二宮和也は「俺の中でベランダは家だけど」と苦笑!

さらに大野は「ちょっと雪を人差し指で押して戻った」と説明し、笑いを誘いました。

嵐メンバー全員と共演経験のある竹中がゲストに登場。これを受け櫻井が、デビュー直後に竹中のCDを聴いていた大野のために、共演した二宮がサインを貰ってきたというエピソードを披露します。

 

二宮は「色紙の真ん中、ちっちゃいところに。こんなんあんのにここだけに書いて」と懐かしそうに振り返ると、大野も「実家に飾ってあるけど、なんのこ

っちゃ分からない」とコメントします。

 

○子供の頃の憧れの人は?

子供の頃の憧れの人、という話題で古田敦也の名前を挙げた松本潤は「小学校の頃野球やってて、キャッチャーだった。

 

ファン感謝イベントでサインもらったりとかして」と熱心なファンだったことを語りました。

一方で二宮は原辰徳を挙げ、「実際お会いさせていただいて、『よろしく』って向こうさんが認識してくれた時に、俺はもう使命は終えたと思った」と発言。さらに小学生の頃、千葉ロッテマリーンズのファンクラブに入っていたという相葉は「その当時のロッテの選手たちはすごい憧れてた」と言い、「ジョニー(黒木知宏)さんが(『VS嵐』に)来てくれたよね。一回ね。それくらいかなぁ」とまだ憧れの人に会っていないことを明かしました。

 

○櫻井翔の憧れの人は「すぎやまこういち」

 

櫻井が挙げたのは、すぎやまこういち。

 

「ゲームがすごい子供の頃好きだったの。すぎやまさんが指揮するゲーム音楽を

全オーケストラでやるビデオがあったんです。

いつかはあそこで指揮をやりたいって(思ってた)」と意外な夢を語ると、

「もう1回帰って観よう」と懐かしげに言います。

○大野の憧れの人は?

大野は「憧れてるか分かんないけど......」と前置きし、

「オリンピックでさ、カール・ルイス。足速い人って子供の時、モテたり凄かったりする」と発言。続けて「でも実は、ベン・ジョンソンが好きだった。だから複雑なんだよね」とコメントしました。

【「Find The Answer」のMVが解禁!】

  • 投稿日:
  • by

嵐の2018年第1弾となるシングルは、「Find The Answer」で、その表題曲MVが、2月7日朝の情報番組・ワイドショーで一斉解禁されました。

 

現在、嵐の所属レーベル<J Storm>公式サイトでも、39秒のショートバージョンを見ることができます。

 

○「Find The Answer」は「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」のテーマソングです

 

嵐の松本潤が主演を務める日曜劇場である「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」のテーマソングです。

ドラマのために書き下ろされたという「Find The Answer」では、物語と重なり合うようなポジティブなメッセージが歌われています。

 

この作品も、多くの音楽ファンの期待に応えるような素晴らしい楽曲です。

しかしながら、特に今回注目するべき点と言えば、ダンスパフォーマンスにあります。

 

公開された各映像を見てみると、MVはビルが立ち並ぶ街並みの風景を再現した、シンプルなセットの中で撮影されています。

 

「PON!」では、「街の交差点」との紹介がされていますが、街中を歩き回る嵐のメンバー5人が中心に集まると、突然揃って息のあったダンスを披露します。

 

体全体を大きく使って、躍動感あふれるダンスは、インパクトを感じます。

さらに、その周りを囲っているのは40人のダンサーたちです。

 

映像が公開されると、SNS上では撮影に参加したダンサーたちによる出演告知が行われました。

 

確認できたのは、ダンスボーカルグループ

・Fis blockやAIのメンバー、RYO AWANO、RYOMA、RYOTAROといったソロのダンサー、舞台女優としても活躍している西條ひかりさんなどです。

 

「#ダンス甲子園ぶりに共演」とのハッシュタグをつけて投稿しています。

 

「ダンス甲子園」といえば、バラエティ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!」発の人気企画です。

 

2006年の「24時間テレビ」で復活し、2014年まで放送されていました。

嵐も「24時間テレビ」の出演時に参加したことがあり、その際の出来事でしょう。

 

40人のダンサーたちは黒っぽい衣装で顔は隠れていますが、立ち止まる、動くことで生まれるメリハリが、今回のMVでは重要な役割を果たしています。

 

サビで一斉に踊る部分は、嵐とダンサー全員が一緒の振りを踊っているのではなく、45人全員が同じ動作をしています。

2月3日に放送された「嵐にしやがれ」のコーナー「相葉雅紀の代行調査」には、セクシーゾーンの中島健人が登場しました。

○相葉に会いたいというセクシーなゲストが...誰?

スタッフから「今日は相葉さんに会いたいという「セクシー」な方が来ています!」と言われた相葉は、「細川ふみえさん?」と、ワクワクした様子を見せます。

そんな相葉の前に現れたのは、意外にもセクシーゾーンの中島。
「ここに降臨、相葉さんにフォーリンラブ!時すでにセクシー、中島健人です!」と自己紹介します。

相葉は「これまた特殊なやつきたな」と苦笑いします。

○中島、相葉&二宮のペアダンスに感動

「2017年の年末コンサートに行かせていただいたんですけど、相葉さんと二宮さんのペアダンスに、すごく感動したんです!」と顔を寄せ合い、息のあった2人のペアダンスに感激し、自分も挑戦してみたいと言います。

これを聞いた相葉は「無理無理無理。だって、僕とニノちゃんの付き合いすごい長いんだよ!20年以上の付き合いだもん。一緒に総武線で通ってた時代からだから、それで絡み合えるかなって感じだから。
あれは無理かもしれないけど、違う形で絡み合おうよ!」と、提案します。
そして、指で絡み合う「フィンガーダンス」に挑戦することに!

○プロからフィンガーダンスのレッスンを受ける相葉&中島

早速、二人はプロからフィンガー(指)の特技を披露されます。
中島は、「指先で破裂音を出します」と披露して見せるものの、空気がしらけてしまい、相葉は「ごめんなさいね。編集立ち会って、カットします」とフォローします。

相葉は「キン肉マンに出てくるイワオ」を指で披露しようとするものの、「ここもカットしてもらっていいですか!」と、助けを求めることに...。

最終的に二人がトライしたのは、「フィンガーダンス」の「指の万華鏡」という技です。
2時間かけてようやく完成。

中島が、「相葉さん得意ですよね?」と質問すると、「俺がこういうのやってるの見たことないでしょ。お前適当にしゃべるなよ!」と返します。

これに対して中島は、「嵐さんの「つなぐ」曲で、こういうふうに術をやってるじゃないですか」と聞きますが、「それはリーダーな」と語り、スタジオを盛り上げました。

櫻井翔と言えば嵐の中でも多忙を極めるメンバーで、恋愛も順調、プライベートも仕事も充実しているかのように見えますよね。
仕事も恋愛も、引き続き今年も絶好調だと思いきや、今年に入ってから激太り始めているという声が多数寄せられています...。

それは櫻井翔の顔がパンパンにむくんでいることが、物語っているのでしょう。

○櫻井翔、ストレスと働きすぎで顔がパンパンに...?

2017年に放送された紅白の時から、櫻井翔のむくんだ顔に気がついた人は意外と多かったようです。

あれ、いつにも増して顔ガフックラしてない?
櫻井翔の顔、パンパンじゃない...?
と、気になった人もいるでしょう。

実は顔のむくみはストレスとも深い関係があります。
櫻井翔のむくんだ顔は、過労、仕事の頑張りすぎによる「ストレス」ではないかと騒がれています。

櫻井翔は、キャスターとして一人前になりたいという一心で、毎日全国紙に目を通しているということです。

特に経済系の週刊誌や書籍も読みあさるなど、必死で努力しています。
そのせいで、睡眠時間が十分にとれず、移動の車の中で2時間とって「睡眠」とする日もあるとか。

2018年こそは、櫻井翔は仕事をセーブしようとしているようですが、本人は仕事に生きがいを見出す性格もあるということで、なかなか妥協を許さないご様子です。

仕事を減らせるかどうかはわからない、このままだとパンクするのでは?と、周囲からは心配の声も上がっています。


○櫻井翔のストレスはメンバーに向けて発散されることもある?

櫻井翔と松潤は、以前から不仲説が出ていますが、実は二人とも自分に対してストイックな性格という点では共通しているため、通じ合うところもあります。

しかしながら、他の3人はどちらかというとのんびりとマイペースです。

特に二宮和也は、睡眠が8時間とれないと仕事ができないと、事務所に直訴しているほど睡眠にこだわっています。

現実、二宮の場合は仕事を詰め込むとボーっとしていることが増えてしまい、櫻井翔と違って、ある程度まとまった睡眠時間をとっています。

それに比べると櫻井翔は、嵐の番組内では司会進行役が多く、休みヒマがありません。

そのため、睡眠時間をしっかりとってエナジーチャージができている二宮に司会進行役を任せることも最近では増えてきていると言います。

櫻井翔は寝不足だと集中力がなくなり、イライラすることも多くなるといいます。

いつでもベストなコンディションで取り組めるように、睡眠時間はなんとか工夫して確保してほしいですよね!