二宮主演のブラックペアンは好調?猫背は意図的だった?歩くスピードも変えている?

  • 投稿日:
  • by

ブラックペアンに主演中の嵐・二宮和也がパーソナリティを務めているラジオ番組「BAY STORM」で5月13日、現在放送されているドラマ「ブラックペアン」での細かい役作りについて、二宮が語りました。

○二宮、ゲーム三昧でドラマに支障が出たことはないのかどうか

二宮の趣味と言えばゲーム。
ゲーム三昧で何か失敗してしまったことはあるか?といった質問を受けて、「あまりない」と答えます。
あっても捻挫くらいだと回答しました。
4月13日に放送された「ぴったんこカン・カン SP」に二宮が出演した時、14時間ゲームをしながらあぐらをかいていたため、捻挫してしまったことを明かします。

それくらいゲーム好きだということが伝わってくるエピソードです。
ファンからもさすがに心配されていました...。

○姿勢直した俺、見たいですか?

そんな中、二宮は自分の姿勢について語り始めました。

「そもそも元々の姿勢が良くないのです。」と二宮は暴露します。
これはゲームのやりすぎが原因だと本人も予想しています。
今のところ、猫背を治す気は特にないといいます。
めちゃくちゃマッチョになって姿勢が良くなったとして、それって楽しいですかね?見たいですか?」と、姿勢が良くなった自分は魅力的なのか、二宮自体、疑問を感じているようです。

二宮は姿勢の悪さも個性として受け止め、猫背でも芸能人やってるっていうのもまたいいものだと、前向きに捉えています。

ドラマの中でも猫背が印象的な二宮ですが、これは役作りの意味もあるようです。
役によって姿勢を変えている程器用な二宮。
現在二宮が演じているブラックペアンは、一匹おおかみで破天荒な天才外科医・渡海征司郎という役どころで、意図的に背中を曲げているといいます。

ジャニーズアイドルという枠を超えて、実力派俳優らしい発言が飛びました。
これからドラマをみる時は、二宮の歩くスピードや姿勢にも注目していきたいです