【嵐の櫻井翔、KAT-TUNの活動再開について語った】

  • 投稿日:
  • by

4月23日に放送された報道番組「NEWS ZERO」では、「KAT-TUN再始動 復活への思い」の特集が組まれました。

 

○嵐の櫻井翔がKAT-TUN LIVEの東京ドーム公演について語った 

嵐の櫻井翔も、同じジャニーズとして、KAT-TUN LIVEの再開を嬉しく思っているようです。

東京ドームでのKAT-TUN LIVEのVTRを観た嵐・櫻井翔は、「上田の挨拶がとても印象的だった!」と語ります。

櫻井翔:「たった3人だけでステージを作って喜んでもらえるようなパフォーマンスをするということは、相当大変なことだと思うんです。

あえてこの道を選んだというのは、当然ファンの皆さんのためだと思うんです。そもそもKAT-TUNという本体がなければ、KAT-TUNの曲を聞く機会はなかったはずですから。」

上田:「これからは笑顔で帰れるコンサートにするからな!!」

 

○KAT-TUN LIVE 2018 UNIONではアカペラも披露

 

4月20~22日に、東京ドームで開かれた「KAT-TUN LIVE 2018 UNION」。

冒頭は、「君のユメ ぼくのユメ」のファンによる大合唱から始まりました。

 

この日、メンバーの亀梨和也、中丸雄一、上田竜也が登場すると、「君のユメ ぼくのユメ」をアカペラで披露します。

 

「君のユメ ぼくのユメ」は2年前の2016年5月、東京ドームでラストの歌として選ばれた曲です。

 

結成してから10年を迎える直前に、メンバーの一人が脱退し、3人となったKAT-TUNは、充電期間に入りました。

 

グループでの活動再開が不透明な中、「NEWS ZERO」は、前向きに進もうとする亀梨に密着。

2016年5月には、東京ドームでのライブ終了後、亀梨は充電期間についてこう語りました。

亀梨:「もっと強く大きくなるための決断なので...!」

2017年4月には、「ソロライブができるということは、グループに戻った時に自分の引き出しが広がるということ」

「やっぱり1人と3人は全然違う」

という本音を明かしました。

 

○KAT-TUNがステージに立てているのはファンのおかげ

 

そして2年の充電期間を終えて、やっと新たなスタートを切ったKAT-TUN。

「KAT-TUN LIVE 2018 UNION」では、3日間で16万5,000人の観客数を誇り、成長した3人の姿を見せました。

この日ステージ上で亀梨は、「僕が今KAT-TUNとしてここに立っている意味は、本当に皆さんなので、これからもずっとそばにいてください!」

と、意気込みを語り、深々と頭を下げました。

今後のKAT-TUNの活躍ぶりにも、期待したいですね!