【衝撃!二宮が新ドラマ「ブラックペアン」の主人公を「魅力なし」とバッサリ切る?】

  • 投稿日:
  • by

4月22日からスタートする二宮和成主演の新ドラマ「ブラックペアン」について、二宮は自身が演じる役柄について語りました。

 

○ブラックペアンってどんな内容?

 今回、二宮が主演するドラマ「ブラックペアン」は、これまで多くのミステリー小説を出している人気作家である海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」を原作としているドラマです。

 手術の成功率100%を誇る天才外科医・渡海征司郎を、二宮が演じます。

 大学病院で働いていながら、出世することに興味がないという役柄です。

さらに、他者と群れない一匹狼であり、同僚からは「患者を生かして医者を殺す」とまで裏で囁かれているようなキャラクター。

 いわば「オペ室の悪魔」とまで言われ、一筋縄ではいかない主人公です。

この難しい役どころを、演技はである二宮がどのように演じるか、楽しみですね。

 

○二宮が渡海の役について感じていること

 二宮は自身の役柄について、 「QLAP!」のインタビューの中で、天才であるものの周囲を振り回す渡海について、このように語りました。

 「僕は渡海っていう人間はわりとピュアなのかなと思っています」

 と、独自の解釈をしているようです。

「ピュア」と表現した要因については、次のように語っています。

「彼って本音を隠すことなく全部表に出してしまうので。

 それは大人になりきれなかった証拠でももちろんあるんだけど、一方で『だって自分はできるんだもん』っていう思いがあるから。

 そういう部分も含めすごくピュアな人だなっていう印象ですね」

と回答します。

かなり冷静に判断していますね。

 「社会からは確実に受け入れられないと思う」と答えながらも、「僕としては、あり」と理解を示しています。

 「僕もわりと毒舌だと言われる方なので、もしかしたら生き方は似ているかもしれない。」

 

○渡海の魅力とは?

 インタビュアーから渡海の魅力について聞かれると...

 「魅力!? ある?(笑)」と、早速毒舌な返答が返ってきました。