【妻夫木聡が嵐・櫻井翔とのメールやりとりに年齢感じた時の話】

  • 投稿日:
  • by

嵐の櫻井翔と妻夫木聡はメールするほど仲良しの友達らしいです。イケメンすぎる組み合わせですが、最近妻夫木聡は櫻井とメールをしていて、時の流れは早いなぁと実感したことがあったようです。

 

○妻夫木聡、俳優としての時間が俳優じゃなかった期間を超えた!

俳優の妻夫木聡(37)は3月29日、東京都内で「黒ラベルの日」制定記念イベントに出席しました。

この日「サッポロ生ビール黒ラベル」が4月1日に41周年を迎えることにちなみ、「黒ラベルの日」に制定されたことがサッポロビール社長・高島英也氏から発表されました。

俳優生活20周年となる妻夫木は、「人生の中で俳優をやってない期間が、やっている期間より短くなっているのが怖い...というか、時間は早いな~と実感しますね。」と振り返ります。

妻夫木は現在、40代が近づきつつあり、「大人になったなぁ」と感じる部分を聞かれました。

 

○妻夫木、40代を目前に大人になったと感じることは?

 妻夫木聡:「年齢をとるにつれ、子供の心を忘れないようにしたいと思うことが増えてきました。

20代の頃は早く大人になりたいという強がりが大きかったんですが、30代になってからは、童心に帰ることは素晴らしいと感じるようになりました。」

 

○嵐の櫻井翔とメールをしていてジェネレーションギャップを感じた?

 妻夫木:「この前も嵐の櫻井翔くんとメールをしていまして、この前行ったイタリア旅行の話になったので、ご飯何が美味しかった?って聞いたら、それ12年前の話だよって返信がきて、すごい昔の話だな、そんなに時が経ったのか~としみじみ。」と語りました。

 妻夫木君と櫻井翔は、メールする仲だったのですね!

 

○妻夫木聡、生ビールのサーブに失敗?

 この日のイベントのラストに妻夫木は、期間限定のバー「THE PERFECT BAR2018」のオープニングセレモニーとして生ビールのサーブにチャレンジしました。

妻夫木:「黒ラベル代表として今年もちゃんとやれるよう頑張ります!」と意気込みを語りました。

 

しかしながら、仕上げの泡が出るノズルの位置を勘違いしてしまい、手に泡がかかってしまう結末に...!

出来栄えを聞かれ「去年の方がうまかった!」と本人も苦笑。