【どうして櫻井翔の家系はエリートなのか、今明かされる】

  • 投稿日:
  • by

嵐の中でも櫻井翔は、エリート階級の家系で、品の良さで平昌五輪のキャスターに起用されるなど、エリートな家系を多いに利用していると言えます。

 

櫻井翔は慶應卒という看板を持ち、そのインテリなイメージと存在力は、単なるジャニーズではなく、アイドルの域を超えているとも言えるでしょう。

そんな櫻井翔のルーツは、群馬県にあります。

 

○一家揃ってエリート!でもみんな謙虚?

 

櫻井翔(35歳)の父親で、総務省事務次官を務めている櫻井俊氏(64歳)の実家は、群馬県の前橋駅から車で10分ほどで到着します。

 

閑静な住宅街に建っている平屋の一軒家です。

純和風の家屋で、木々が生い茂る庭はとても綺麗にお手入れされています。

 

俊氏の父親は、群馬の地元紙である上毛新聞の幹部です。

翔の妹と弟も名門大学を卒業し、一流企業に勤務しています。

要するに一家揃ってエリートなのです。

 

群馬で一人暮らしをしている翔の祖母に本誌は、「櫻井翔のルーツ」についてお話を聞いてみました。

 

櫻井翔の祖父でもある亡くなったご主人の三男さんについて取材してみたところ、皆さん、「謙虚で素晴らしい人だった」と口を揃えて話しました。

 

 

周りの友達は東大をはじめ帝大出身者ばかりなのに、ご自分は中退ということで複雑な思いもあったのかもしれません。

所属は高崎の歩兵第15連隊だったと思います。

 

復員後、高校で教師を1年間務めた後、地元の上毛新聞に入りました。

昔から書くのが好きな人でした。その意味では新聞記者に向いていたのかもしれません。

 

○ご主人は教育熱心だったのですか?

 

「典型的な昔の人でした。

家では仕事の話を一切しませんでした。

家のことも何もしなかった。もちろん、「勉強しろ」などと子供たちにも強要しませんでした。

ただ唯一、「将来のために英語を身につけたほうがいい」と言っていました。

英語の重要性をわかっていたのだと思います。

 

もともと高校で英語を教えていたので、俊が中学1年になって英語の授業が始まると、1年間毎日勉強を教えていました。

これは俊の妹に対しても同じです。」