【嵐の櫻井翔が五輪のキャスターをクビになるってほんと?】

  • 投稿日:
  • by

嵐の櫻井翔が、2020年に開催されるオリンピックに向けて、大ピンチになっているとか...。

 

先日のピョンチャンオリンピックでは、日本選手のメダル獲得数が13個と、最多を記録したことが話題になりました。

 

○ピョンチャンオリンピック、競技だけでなくキャスターにも注目が集まる?

 

そんな中で注目されたと言えば、各番組のキャスターたちの仕事ぶり。

ちなみに「最高」と言われるほど高く評価されたのは、テレビ朝日のキャスター役・松岡修造でした。

 

相変わらずの熱血なキャラクターで熱い中継をしてくれました。

本人もアスリートなだけあり、アスリート目線のリアルなコメントをしてくれました。

英語対応もバッチリ。

 

外人の選手とも対等に会話できるレベル。

 

フィギュアスケートで惜しくも4位となった宮原知子選手に対しては、

 

「この五輪で自分を超えた!おめでとうと心から伝えたい」と、あくまでポジティブなインタビューを行いました。

 

そんな一方で、TBSのキャスターを努めた中居正広も、安定感のあるMCぶりで高い好感度をマーク。

 

○一番影が薄かったのが櫻井翔

 

嵐ファンにとっては残念ですが、今回、キャスターの中で一番影が薄かったと言えば櫻井翔です。

 

棒読みしているみたい、反射神経が鈍いなど、視聴者が一緒に盛りあがれないという意見も多くありました。

 

共にキャスターを務めていた荒川静香さんがメインだったのでは?なんていう意見も飛び出てくるほど、本来メインであるはずの櫻井翔の影は薄かったようですね...。

 

実はスポーツ好きではないのでは?という疑いの声も出てきたほどです。

2020年東京五輪のキャスターもすでに決定しているという話もありますが、このままでは苦しそうです。

 

少なくとも、松岡には到底及ばないでしょう。

 

一部では「東京五輪があるから結婚しない!」とスクープされた小川彩佳アナウンサーとの結婚がない理由も、五輪にあるなんて話まで出ています。

 

キャスターとしての櫻井翔、今後も目が離せません。