嵐の中でも櫻井翔は、エリート階級の家系で、品の良さで平昌五輪のキャスターに起用されるなど、エリートな家系を多いに利用していると言えます。

 

櫻井翔は慶應卒という看板を持ち、そのインテリなイメージと存在力は、単なるジャニーズではなく、アイドルの域を超えているとも言えるでしょう。

そんな櫻井翔のルーツは、群馬県にあります。

 

○一家揃ってエリート!でもみんな謙虚?

 

櫻井翔(35歳)の父親で、総務省事務次官を務めている櫻井俊氏(64歳)の実家は、群馬県の前橋駅から車で10分ほどで到着します。

 

閑静な住宅街に建っている平屋の一軒家です。

純和風の家屋で、木々が生い茂る庭はとても綺麗にお手入れされています。

 

俊氏の父親は、群馬の地元紙である上毛新聞の幹部です。

翔の妹と弟も名門大学を卒業し、一流企業に勤務しています。

要するに一家揃ってエリートなのです。

 

群馬で一人暮らしをしている翔の祖母に本誌は、「櫻井翔のルーツ」についてお話を聞いてみました。

 

櫻井翔の祖父でもある亡くなったご主人の三男さんについて取材してみたところ、皆さん、「謙虚で素晴らしい人だった」と口を揃えて話しました。

 

 

周りの友達は東大をはじめ帝大出身者ばかりなのに、ご自分は中退ということで複雑な思いもあったのかもしれません。

所属は高崎の歩兵第15連隊だったと思います。

 

復員後、高校で教師を1年間務めた後、地元の上毛新聞に入りました。

昔から書くのが好きな人でした。その意味では新聞記者に向いていたのかもしれません。

 

○ご主人は教育熱心だったのですか?

 

「典型的な昔の人でした。

家では仕事の話を一切しませんでした。

家のことも何もしなかった。もちろん、「勉強しろ」などと子供たちにも強要しませんでした。

ただ唯一、「将来のために英語を身につけたほうがいい」と言っていました。

英語の重要性をわかっていたのだと思います。

 

もともと高校で英語を教えていたので、俊が中学1年になって英語の授業が始まると、1年間毎日勉強を教えていました。

これは俊の妹に対しても同じです。」

 

普段からお財布は持ちあるかないと公言している二宮。
世間一般的にも「ケチ」というのはよく知られている二宮の特徴です。

そんな節約家のイメージが固定化している嵐の二宮和也。
ファッションへのこだわりも特になく、「いつも同じ服を着ている」というエピソードも、ファンの間では有名な話です。

○可愛がっている後輩には気前よく誕生日プレゼント?

そんなケチなイメージの二宮ですが、後輩のジャニーズJr.・西畑大吾には気前よく誕生日プレゼントを渡したというエピソードがあります。

そのプレゼントの気になる内容については、二宮本人が、ラジオ番組「BAY STORM」で語っています。

西畑と言えば2008に放送されたドラマ「流星の絆」をみて以来二宮のファンになったと公言しています。
自身でも「二宮教の信者」と公言しています。

そして猛アピールを開始し、ついに二宮と連絡先を交換できるまでになりました。

そして去年5月に放送がスタートした日清オイリオグループのCM「鮮度のオイルシリーズ」で念願の初共演!

双方のファンからも好感度の高いCMとなりました。

それ以来も、メールのやり取りで絆を深めていき、今年1月9日に西畑が21歳になった時の誕生日には、二宮がお祝いメールを送ったとのことです。

何とも微笑ましいエピソードですね。
普段はケチな二宮だからこそ、ありがたみを感じてしまいます。

そんな二宮に対して西畑は、アイドル誌である「WiNK UP」で、
「お誕生日プレゼントありがとうございます。大事に使わせていただきます!」とメッセージを送りました。

プレゼントの内容は明かさなかったものの、西畑は公式携帯サイトであるJohnny's web内のコーナー「かんじゅ日誌」にて、歴史的瞬間の状況を綴っています。

「嵐は1月13日に京セラドーム大阪で「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」」を開催し、この時に西畑が楽屋へ挨拶に行くと、二宮から「大吾、おいで!」と声をかけてもらったようです。

そこには大きなケースがあり、「これ誕生日」と言われた西畑。

驚きのあまり、「ありがとうございます!」と、たった一言しか返せなかったとか。
ちなみにプレゼントの中身は秘密らしいですよ。

今年こそゴールインかと騒がれていた櫻井翔と小川アナの真剣交際ですが、破局の噂も飛び込んできています。

櫻井翔と結婚して寿退社するかと思われていた小川アナに、何があったのでしょうか。

 

○小川アナから別れを告げる?

 

テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、嵐の櫻井翔をふったという噂が舞い込んできています。

 

小川アナの方から別れを告げたとか...。

 

○交際が発覚したのは昨年2月

 

二人は去年2月に一部の週刊誌で交際を認め、櫻井翔が小川アナのマンションでゆったりとくつろぐ様子が掲載されました。

 

小川アナと言えば今、テレ朝の「報道ステーション」でサブキャスターを務めています。

メインの富川悠太アナよりも安定感があるところが魅力です。

 

政治についてもよく学んでいて、コメンテーターに対して核心を突いたような質問をする姿も、高く評価されています。

 

○小川アナと比べると劣ってしまう櫻井?

 

優秀な小川アナと比較してしまうと、櫻井翔はピョンチャンオリンピックのキャスターとしてもあまりうまくいかない結果に終わり、評判もいまひとつ。

 

レポートもあまりにも稚拙で酷評まで受けてしまいます。

 

普段は同局の「NEWS ZERO」で、月曜日にキャスターとして出演しています。

 

○カンペ読み過ぎ?

 

櫻井翔は、明らかにカンペを読んで進行している様子がバッチリとわかってしまい、それもあまり良くない評価を招いています。

 

「カンペがないとまともにしゃべれないのか」と、ピョンチャンオリンピックの時に批判されてしまいます...。

 

○小川アナが櫻井翔の意識のなさにうんざり?

 

二人が別れたという噂の発いきさつは、小川アナが櫻井翔に我慢ならず、さじを投げたとか。

 

「小川アナは櫻井にアナウンスの指導をしてきたらしいのですが、櫻井に学ぶ意識がほとんどなく、実際に向上しなかったのも問題だったとか。

 

そのため小川アナは、「しばらく時間を置きましょう」と、交際を中断しようと櫻井に申し入れたそうなのです」と関係者はいっています。

3月1日に放送された「VS嵐」では、舞台「江戸は燃えているか」チームとして、中村獅童やトキオの松岡昌宏、松岡茉優、飯尾和樹、磯山さやか、田中圭が特別ゲストとして登場しました。

 

○乾燥対策、みんなはどうやっているの?

 

番組冒頭には、櫻井翔がメンバーに乾燥対策を質問しました。

相葉雅紀は、「唇は痛いじゃん。それが嫌だからやるけど、他は乾燥上等です!」ときっぱり断言します。

櫻井翔もこれに共感。

 

「身体中血まみれ」と、コンサートで「バズりNIGHT」を披露した時、ギャル風の格好をした時も血まみれだったことを振り返りました。

その一方で大野智は、加湿器を3つ使っていると伝えます。

 

「朝起きたら床もベッドもビッチョビチョ」と発言します。

松潤は、やりすぎだよとつっこみます。

「でも普通に風邪引くしね」と、現実的な回答をしました。

 

○中村獅童はトキオの松岡に間違われる?

 

今回、ゲストとして登場した中村は、TOKIOの松岡によく間違えられることに言及しました。

ジャニーズの若手の舞台を見に行った時には、ツイッターで、「今日は松兄が来ていた。

さすが後輩の面倒見が良い」と、話題になることがあると明かします。

 

中村は「松岡の好感度が上がる」と苦笑します。

 

その一方で、松岡も飛行機で隣の席の乗客に中村に間違えられたことがあるため、サングラスを外して「ありがとうございます」と返したところ、「あら違う!長瀬君だったわ」と言われたという笑えるエピソードを教えてくれました。

 

「その時俺は松岡をもっと頑張ろうと誓いましたね」と発言し、笑いを誘います。

 

○相葉が露天風呂でとばっちりをくらう?

 

相葉は、露天風呂でのハプニングを語ります。

露天風呂で、スタッフに近づいてカンチョーをしようとしたら、スタッフではなくて別人だったと語ります。

 

櫻井翔は「カンチョーって俺の認識だと、服の上からやるもの。直接いくものじゃない」と驚愕します。

 

松岡も、「生はダメだろ!」とリアルな突っ込みを入れます。

 

○台詞の覚え方はみんなどうやっているの?

 

特別企画である「リアル間違い探し」では、大野が映画「忍びの国」を思わせる忍者風の格好を披露します。

さらにメンバーそれぞれが、セリフの覚え方について語ります。

松本は、「一回のストーリーの中の時間軸を全部覚える」と説明します。

 

「1冊分全部頭に入れて喋るとセリフが出てくる」と発言します。

その一方で櫻井は、相葉は暗記シートと同じ要領で台本を一回たたんで、少しずつずらしながら薄目で見ながら覚えていると明かします。

 

言わなくていいの、やめろと恥ずかしそうな表情を見せました

先日、「第11回 恋人にしたい男性有名人ランキング」が発表されました。

そこで、嵐の相葉雅紀が3年連続で1位を獲得!

 

○嵐メンバー全員がトップ10入り

 

合い場に続いて2位には松潤、3位には櫻井翔、5位に二宮、7位に大野がランクインします。

順位にちょっとした差はあるものの、嵐メンバーの誰もがトップ10入りを果たすという安定の人気ぶり。

 

○世代関係なく相葉が人気か?

 

「第11回 恋人にしたい男性有名人ランキング」の集計は、世代別にも行われています。

各世代のトップ5をみてみると、10代の回答では1位が相葉、2位櫻井、4位大野、5位二宮、20代の回答では1位松本、2位相葉、4位二宮、30代の回答では2位相葉、5位松本、40代の回答では1位大野、2位相葉、50代の回答では2位松本、3位二宮という結果に終わりました。

若い世代から圧倒的支持を集める相葉。

これまでのところ、安定した人気ぶりを発揮している相葉。

10代~40代のトップ5位にランクインしています。

相葉と言えば、癒し系で穏やかな部分の好感度が高く、兄貴肌を兼ね備えた愛されキャラクターです。

 

年齢も問わず、少し上の年代からも人気があります。

 

「天才!志村どうぶつ園」や「相葉マナブ」などのバラエティ出演では、老若男女に愛されています。

 

暖かい笑顔で周囲を和ませてくれる相葉。

 

風間俊介や関ジャニ∞・横山裕といった同世代からジャニーズJr.まで、積極的に交流を図っていて、後輩や仲間を大切にする男らしい一面も感じます。

 

さらに、ステージでは体を張った難関パフォーマンスに対して、真剣な表情で挑んだかと思えば、Disco StarやMr.FUNKなどの個性的なキャラクターに扮してお祭りムードを盛り上げる。

 

嵐の中でのギャップ萌え度ナンバー1も相葉です。

 

○2番目に人気の松潤、大人の女性から人気か

 

2位の松本は、そのセクシーな雰囲気からか、大人の女性たちからの支持が根強いです。

昨年は、映画「ナラタージュ」で、禁断の恋愛に揺れる高校教師役を熱演しました。

哀愁と色気が漂う演技で、多くの女性の観客の心をつかみました。

嵐の櫻井翔が、2020年に開催されるオリンピックに向けて、大ピンチになっているとか...。

 

先日のピョンチャンオリンピックでは、日本選手のメダル獲得数が13個と、最多を記録したことが話題になりました。

 

○ピョンチャンオリンピック、競技だけでなくキャスターにも注目が集まる?

 

そんな中で注目されたと言えば、各番組のキャスターたちの仕事ぶり。

ちなみに「最高」と言われるほど高く評価されたのは、テレビ朝日のキャスター役・松岡修造でした。

 

相変わらずの熱血なキャラクターで熱い中継をしてくれました。

本人もアスリートなだけあり、アスリート目線のリアルなコメントをしてくれました。

英語対応もバッチリ。

 

外人の選手とも対等に会話できるレベル。

 

フィギュアスケートで惜しくも4位となった宮原知子選手に対しては、

 

「この五輪で自分を超えた!おめでとうと心から伝えたい」と、あくまでポジティブなインタビューを行いました。

 

そんな一方で、TBSのキャスターを努めた中居正広も、安定感のあるMCぶりで高い好感度をマーク。

 

○一番影が薄かったのが櫻井翔

 

嵐ファンにとっては残念ですが、今回、キャスターの中で一番影が薄かったと言えば櫻井翔です。

 

棒読みしているみたい、反射神経が鈍いなど、視聴者が一緒に盛りあがれないという意見も多くありました。

 

共にキャスターを務めていた荒川静香さんがメインだったのでは?なんていう意見も飛び出てくるほど、本来メインであるはずの櫻井翔の影は薄かったようですね...。

 

実はスポーツ好きではないのでは?という疑いの声も出てきたほどです。

2020年東京五輪のキャスターもすでに決定しているという話もありますが、このままでは苦しそうです。

 

少なくとも、松岡には到底及ばないでしょう。

 

一部では「東京五輪があるから結婚しない!」とスクープされた小川彩佳アナウンサーとの結婚がない理由も、五輪にあるなんて話まで出ています。

 

キャスターとしての櫻井翔、今後も目が離せません。

嵐の二宮和也が、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞してからというもの、初の映画主演を果たした映画に、「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」があります。

 

この映画制作にあたって、積極的にアイディアを出したという作品への向き合い方、人気グループ・嵐の一員としての考えも語りました。

 

○僕自身、「最近、あんまり誘われてないなぁ」という人間だと断言

 

2015年に公開された「母と暮らせば」で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞してから初の主演作となった「愛を知らない男」。

 

料理人の充の成長を描くという側面もあります。

二宮和也がまず考えたのは、ずばり、「成長しすぎないこと」です。

あまりにも分かりやく成長してしまうと、ただの娯楽になりすぎてしまうことを指摘しました。

 

それよりも他人に心を開かず笑いもしなかった人間が、仲間と一緒に料理を作れるようになったというところにフォーカスしたいという想いです。

もっとかみ砕いて言えば、やっと人として必要な物を取り戻して、人生を始めましたという感じでしょう。

 

「冷たい」、「他人との間に壁を作る」など、そのような強い意志は不要です。

むしろ「関わり甲斐のない人」でいいのでは?という部分は監督とも意見が一致したとか。

 

現実の世界に置き変えて言えば、はじめは飲み会に誘うけれど、あいつは誘っても行かないからいいよ~になってしまうパターンです。

みんなの愛情から逆行してしまうような人物ですね。

 

○二宮自身についてはどうなのか?

 

「振り返ってみると、僕は最近誘われていません。

だからなのか、わりと苦労なく演じられました。

僕自身、「みんな、そんなに愛情に満ちあふれて生きていますか?」と聞きたい気持ちがあります。

だって、誰にでも均一に愛を降り注いでいる人って、なかなかいないでしょう。きっと誰の中にも充のような部分、あると思うんですよ。

だから全否定できないキャラクターだと思って観てもらえたらいいです。」

ジャニーズファンの間では、「コンビ押し」というのがあります。

グループ内の特定の2人のメンバーをこよなく愛するファンのことです。

例えばV6でいうと、森田剛&三宅健の「剛健」などです。

 

Sexy Zone・中島健人&菊池風磨の「ふまけん」などのシンメ推しもあります。

これ以外にも、人気のあるコンビは様々です。

 

○嵐は二宮和也&相葉雅紀のコンビ押し?

 

嵐の中で言えば、二宮&相葉のコンビ押しが根強いです。

嵐の中で好きなコンビは?という質問で、大体名前があがるのがこの二人。

 

コンビ名は「にのあい」。

 

基本的にシンメが存在しない嵐ですが、2017年7月13日に放送された「VS嵐」では、ジャニーズJr.時代を振り返りながら、「(二宮と)シンメで踊ってましたよ」と、相葉が発言したことが大きな話題を集めました。

 

確かに、二宮と相葉はジャニーズJr.の頃から常に一緒でした。

雑誌の写真や歌番組はもちろんですが、「エスキモー 「pino」」のCMにも2人でも出演しました。

 

「シンメ」と公言されていなかったものの、「にのあい=シンメ」という認識は、当時から多くのファンたちに知られていました。

 

○アルバムの中でもニノアイは健在?

 

最近嵐が出したニューアルバムである「untitled」に収録されている2人のユニット曲「UB」では、息がぴったりとあったパフォーマンスを披露したばかりです。

 

パフォーマンスも勿論イケイケですが、バラエティ番組のトークやMCなどでのにぎやかな感じもあります。

 

相葉の番組「相葉マナブ」に二宮がゲスト出演した時、2人でボケを言い合ったり、自由奔放な相葉にしっかり者の二宮がツッコミを入れるなど、「にのあい」を堪能できるシーンが満載でした。

 

その中でもエンディングで、2人が仲良さげに手を振る様子は、「このホッコリ感が「にのあい」人気の秘密なのだろうと再確認できるシーンでした。

 

これからもニノアイには活躍してほしいですね!

現代において、エンターテイメントに欠かせないと言えば、「テクノロジー」です。

最近では、VRゴーグルを使ってライブを鑑賞するVRMVを制作するなど、音楽と関連づけているケースも多いです。

 

特に、新しい技術を使ったライブ演出は、日々進化していると言えるでしょう。

そんな中、2月23日(金)に放送された「ミュージックステーション2時間スペシャル」では、ダンスや映像マジックをテーマに展開しました。

 

予告では、嵐が「AR演出とのコラボ」を行うところが出ています。

場所に関係なく、同じような体験ができることが強みです。

これぞまさしくバーチャルリアリティです。

 

これに対してAR=拡張現実は、「Pokémon GO」のように、現実の風景の中に映像やCGを溶け込ませていて、あくまで現実を根本においたものです。

今後のライブ体験を、もっと豊かにしてくれるような技術です。

 

過去には「ミュージックステーション ウルトラFES 2016」の企画として、ARダンシングタモリが登場していました。

 

これは番組の放送中に、アプリを使って番組テーマソングを認識すると、スマホ越しにダンシングタモリが踊りだす仕掛けがされています。

 

現実に、机上でダンシングタモリが踊っているように見えます。

 

これはとても面白い取り組みです。

 

さらに2017年の年末には、Perfumeが特製ARアプリを使って一年間を振り返る動画を公開しました。

 

これは、まるで、宙に文字映像が浮いているかのように見えるため、現実のPerfumeの隣には、映像のPerfumeがいるように感じられます。

 

AppleがARアプリの開発者向けツール、ARKitを公開した時には、YouTube上にARKitを使った遊び心溢れる動画が公開されるなど、ARの色々な可能性が出てきました。

 

 

「Find The Answer」は「VS嵐」で披露した時、後半部分にAR技術と思われるような演出が施されていました。

 

光の球体が嵐のメンバーの周りを取り囲んでいて、今にも手が届きそうに見える様子は、とても幻想的です。

 

鏡のようになっている床には、メンバーの姿が映し出され、奥行きを感じさせてくれます。

 

まるで宇宙をイメージしたかのような演出で、とても洗練されています。

【二宮は無類のアイドル好きだった!?】

  • 投稿日:
  • by

嵐の二宮和成が、根っからのアイドル好きというのがばれてしまいます。

2月18日に放送された「ニノさん」でのこと。

この日の企画では、芸能人がタレントプロフィールに書いた特技が本当かどうかをリサーチして、二宮が判断する芸能人盛り過ぎ調査でした。

 

○盛り過ぎ判定が相次ぐなかで...

 

ニッチェ・江上敬子の「すぐ涙が出せる」や、メイプル超合金・安藤なつのカンチョーも入らないほどの「硬すぎるヒップ」、ゆりやんレトリィバァの「水泳」も、しっかりとリサーチしていきました。

 

「男性ADに自慢のヒップを堂々と触らせた安藤、クロール、バタフライ25mをガチで泳ぎ切ったゆりやんを特技と認定します。

 

15秒で涙を流すと言いながら3分以上かかった江上のことを、二宮は盛り過ぎと判断します。

 

特に変わった点はなく、いたって普通なジャッジの二宮。

しかしながら、若手の女性アイドルが出てくると、態度が豹変します!

 

明らかに特技を盛り過ぎたアイドルでも、認定の札をあげたのだから驚きです。

若手アイドルにはえこひいきするということがわかりました。

 

○明らかに盛り過ぎなのに屁理屈をこねてアイドルの側につく二宮

 

特技を「英会話」にしていたアイドルの長月翠ですが、実際はまるで話せず、マネージャーが勝手に書いたというオチつき。

 

自ら盛りすぎを認めます。

 

しかし二宮は、「盛りすぎてる特技を取り締まろうと思ったけど、芸能界の闇が出てきた。みんなで育ててあげようよ!」と、屁理屈をこねて認定をゴリ押ししします。

 

 

進行役の若槻千夏に対して、「2人を応援したい?」と尋られると、二宮は「応援したい。みんなで応援しようよ」と、シレっと回答します。

 

 

周りからは、「アイドルの女の子に優しすぎます、二宮さん!」と、ダレノガレ明美にツッコまれても、ヘラヘラ笑いでスルーする二宮。

 

「バラエティ番組でヘラヘラしていても、見るところはしっかり見ているのが二宮。

 

交際が噂される年上アナとも、番組共演がきっかけで知り合いました。

今回も何らかのコナカケかもしれないと言われます。